ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 静岡おやこ劇場例会・子ども寄席。

<<   作成日時 : 2010/12/20 17:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


落語協会による子どもも大人も楽しめる
本格的な寄席を体験。

一、寄席ばやしの実演解説
一、古今亭志ん公(落語)
一、林家正楽(紙切り)
一、鈴々舎風車(落語)
一、鏡味仙三郎社中(太神楽、曲芸)
一、柳亭市馬(落語)

落語と色物による構成や寄席ばやし(太鼓)の説明。
太鼓には、寄席の一日の始まりを一番太鼓、
まもなく始まる合図の二番太鼓。

それぞれの噺家には、登場するときの
テーマ囃子があるとのこと。
歌丸師匠や円楽師匠、
清水出身の春風亭昇太さんが披露される。
笑点で聞いたことがある・笑。

見習い、前座、二つ目、そして真打。
入門から真打ちまで、15〜20年かかるという
まさに、下積みが芸に磨きをかけるということか。

紙切りの林家正楽さんは、
テレビで見たこともあるお顔で、
その腕前とお噺は絶品でした。

子どもにも、分かりやすい寄席は、
まさに、落語協会の底辺拡大に役立つ内容。
おおいに、笑わせていただきました。

画像

画像


人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
静岡おやこ劇場例会・子ども寄席。 ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる