ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010特別講義『雨のみちをデザインする』

<<   作成日時 : 2010/12/05 07:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 18

画像


先日の建築計画の授業は、恒例の特別講義。
『 雨のみちをデザインする 』が社是、
タニタハウジングウェアの谷田社長に
来静いただき、講演をしていただきました。
http://www.tanita-hw.co.jp/

各種軒樋のカットサンプルをご提供いただいたのは一昨年。
そのデザインや素材感を確認しながら、
どうしてそういう形になっているかを話す。
これが、すごぶる好評で、実際に間近に見ると、
その理解度が、圧倒的に違います。

普段、目には入っていても
意識されることはありませんが、
雨を受け止めて排水するという重要な役割がある。

設計演習で住宅のプランニングやエレベーションに
悪戦苦闘中の学生達にとっては、
樋などは、眼中にあるはずもなく。

どうやって屋根を架けようかと悩む学生、
私は、どこに縦樋を落とそうかと悩む・苦笑。
きっと、学生たちにとって貴重な体験となったはず。

○小田急線沿いの生田に建つ賃貸+オーナー住宅。
ここでの樋は、外観のボーダーに見えるような
モールガーターと呼ばれる3段ラインの薄型樋。
http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid44.html
画像


○日本平・静岡の風景を富士山を取り込む家。
大屋根の排水と質感を考えたステンレス樋・レクステン
http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid33.html
画像


○熱海・下多賀の桜と海を愛でる家。
10mのソメイヨシノ・八重桜の枝の下に入り込む屋根には
落ち葉対策にもってこいのすとっ葉°ーというカバーつき樋。
http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid43.html
画像


○静岡・駿河湾を望む家。
山からの落ち葉対策と共に、
ここでは、すとっ葉°ーを屋根の先端に見立てて
屋根と一体に扱い、樋の存在を消そうという試み。
http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid43.html
画像


○静岡・借景風景を切り取る家。
片流れのシンプルな屋根に合った素朴なスタンダード半丸樋。
http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid37.html
画像


この住まいには、この形の樋が必要という
切っても切れないデザイン関係にある樋とのコラボレーション。

タニタハウジングウェアの谷田社長に、
この場を借りまして、厚く御礼申し上げます。

<専門学校・業務連絡>
雨のみちをデザインする
今回の特別講義で、建物と樋の関係について
自分なりに、印象に残ったことや
考えたことをコメントしてください。

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
よい機会をいただきありがとうございます。
皆さんからの率直なコメント楽しみにしております。
雨のみち
2010/12/05 10:47
「樋は、人間の顔で例えるなら眉である」にはとても納得。形だけ整っていても、装飾が変だと全てが台無しだと思います。樋のような陰に隠れ地味なものこそ、本当は重要で考えなければならないものと知りました。
紹介された海外の樋は、とても面白かったです。樋が、ほんとに装飾の一部と化していて怖いけど素敵でした。日本にも面白いものがないか、旅行先ではちょっと注目してみたいです。
タニタ様のお話は、「樋」を強く存在づけてくださいました。この場を借りて改めて感謝を、ありがとうございました。
B
2010/12/05 20:32
今まで樋のことを考えたことは無かったけど今回の授業で樋の形などで
家の表情が変わることが分りました
V
2010/12/05 20:58
屋根と樋が一体化していたり、雨水を利用できるようにするなど、素敵な樋をたくさん見れてとても楽しく、勉強になりました。樋はいつもは気にして見ていませんでしたが、これからはいろいろな樋を見てみたいです。
W
2010/12/05 22:00
特別講義 「雨のみちをデザインする」
先ずはありがとうございます。樋の事はあまり意識したこはありませんでした。改めて建築物を見る視点が変わりました。
雨くんのひとり旅、良い話しでした。
I
2010/12/05 23:58
樋も家と同じように、いろんな形があるんですね。特にすとっ葉°ーが驚きました、普通はU型や四角等だと思っていましたが、これは変わった形をしているのに、しっかりと水を流していたので驚きました。

2010/12/06 07:48
今まで樋のことを考えたことがありませんでした。
樋によって家の見え方があんなに変わるとは思いませんでした。
樋についてとても興味を持ちました。

2010/12/06 08:40
特別講義で樋についていろいろ教えて頂き勉強になりました
家に樋がどれだけ重要かわかりました

2010/12/06 08:56
樋はただ付けとくじゃなくて
色々なデザインがあるということがわかりました
雨が落ちるのがわかる樋など特徴的でした

2010/12/06 09:22
遠い所からきていただいて本当にありがとうございました。話しを聞かせてもらって雨というものに興味をもちました。雨はすきじゃないんですが次ふる日を楽しみにまっています。授業で説明してもらったストッ葉 このアイデアは凄いと思いました。最初は本当にはいるのかと正直うたがいましたしかし実際やってもらって凄いと思いました。将来自分が上の人になり家を建てる際につかってみたいそうおもいました。
A
2010/12/06 09:27
 先日の「雨のみちをデザインする」の特別講義ありがとうございました。
 この講義で樋の役割や建物との関係性を知り、建物を見る際の視点が一つ増えました。
 樋は目立ち過ぎてはいけないが無くてはならない眉のようなものという話にとても共感しました。
 すとっ葉゚ーの実験では普段間近で見ることのない樋を見て、その以外な大きさに驚きました。貴重な体験をありがとうございました。

2010/12/06 09:39
いつもあまり意識しない樋ですが、その重要性は極めて高いという事を講義を聞いて思いました。
自分は、今まで樋に興味はありませんでした。しかし、谷口社長の講義を聞きいて樋に興味がわきました。
今度から家を見る時は、樋の事もちゃんと見ていきたいです。

2010/12/06 09:44
間違えて樋という名前でコメントしてしまいました。

谷田様の名前を間違えて谷口と書いてしまいました。

間違えて申し訳ありません。
S
2010/12/06 09:51
講義ありがとうございました。樋についていろいろと知ることができた有意義な時間でした。この講義の後からは周りの家の樋も見るようになりさまざまな種類があることを知り、家を見る視野がより広がりました。これからは、住宅設計でも樋について考えていきたいです。

2010/12/06 18:57
建築の勉強をして、樋とか全然思いついたことがなくて、樋にも色々種類があるとは思わなくて最近の樋は色々工夫されてるとは知りませんでした。
知らないことを学ぶと色々興味がわくので、学べてよかったです
ありがとうございました

2010/12/08 13:08
今回は、代表取締役ご本人様にお話をうかがえて、大変貴重な経験をさせて頂きました。ありがとうございました。樋についてのお話はもちろん、大変勉強になりましたが、しかし中でも、とても印象に残っていることは、谷田様の熱意だったように思います。最後のペットボトル、遊び心も必要ですね。何事ももっと、興味を持って日々生活していきたいと思いました。 追伸;我が家の樋がぼろぼろなので、父に話してみようと思います◎
D
2010/12/08 22:20


教室で実際に見せてもらった奴はすごい便利だと思いました。自分家にはどんなのがついてるんだろうと思って見たら端の方からなんだかの植物が育っていました。

Q
2010/12/09 23:17
今まで家を拝見するとき、樋に注目したことはありませんでした。しかし、谷田様の話を伺い樋が家にとってどれだけ重要か知ることができました。樋のデザインで家の表情が変わることがわかりとても勉強になりました。今回は、貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。

2010/12/09 23:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010特別講義『雨のみちをデザインする』 ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる