ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 静岡発床暖房は、人に優しい炭素入り。

<<   作成日時 : 2011/05/30 04:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


主暖房を床暖房を主体とするときには、
効率とランニングコストを考えて、
やはりガスによる温水式で、エコウィル併用がお勧め。

しかし、ちょっと局所をという場合は、電気式も有効です。
前提条件は、高気密・高断熱の省エネ等級4、
夏季の日射遮断と冬季の日射確保ができる庇計画、
そして、住まい全体の自然の通風計画。

ここ数年で、5軒目の採用となります
電気式床暖房は、中部加工(株)/CKの浜松製。
http://www.chubu-kako.jp/history/history.htm

PTCヒーターと呼ばれる自己温度調節面状発熱体。
一定の温度まで上昇すると自然に電流が流れなくなり、
温度が下がる、つまりヒーター自体が電流を制御する優れもの。
その秘密は、面材に使用されている炭素粒子。

もともと、車の防音シートを生産してい中部加工/CKさんは、
こうした薄くのばす技術を有する会社で、
生産当初から縁があって使用しておりますが、
地産地消の静岡版床暖房フィルムです。
http://atelier-m-architects.at.webry.info/201003/article_20.html

国の地域新規産業創造技術開発費補助事業に
2年連続で採択された研究開発費、
名古屋大学との技術支援で開発されたお墨付き。

また、これと併用して使用するのは、
もちろん、無垢板のフローリング。
ただし、これは高価な床暖房対応型ではありません。
一般的なフローリングですが、
以前の住まいで実験的に使用して、
張り方や施工に注意すれば、反りの問題が無く、
以後、定番として標準仕様としております。

画像


また、写真のように構造用合板上には、
遮音用に、強化石膏ボード厚12.5を敷き込んでいます。

いろいろな経験と実績を経て、
繋がっている技術と素材と人が、
ローコストで快適な私の住まい設計を支えてくれています。

ご覧の浜松物語2011は、
6/18(土),19(日)にオープンハウスをおこないます。
ご興味のある方は、お問い合わせください。
macchanアットマークmva.biglobe.ne.jp
アットマークを@に置き換えてください。

画像


・基本計画固まる。
http://atelier-m-architects.at.webry.info/201007/article_2.html
・基本設計打ち合わせ。
http://atelier-m-architects.at.webry.info/201008/article_8.html
・木曽桧タテ枠材による国産材2×4工法。
http://atelier-m-architects.at.webry.info/201101/article_20.html
・建て方完了。
http://atelier-m-architects.at.webry.info/201102/article_6.html
・現場発泡ウレタン吹付断熱のポイント。
http://atelier-m-architects.at.webry.info/201105/article_13.html

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
静岡発床暖房は、人に優しい炭素入り。 ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる