ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 図説テキスト建築構造第二版・彰国社編。

<<   作成日時 : 2011/11/14 06:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

もう、14年も前になりますが、
これから建築を学ぼうとする人を想定して、
建築の構造を分かりやすく、
広く、楽しみながら解説するという目的で、
『図説テキスト 建築構造』の本の執筆に関わりました。
http://www.shokokusha.co.jp/?p=3088

日本の伝統的な木構造から世界の大規模木構造、
シェルやアーチ、膜構造、
鉄筋コンクリート造、鉄骨造と幅広く、
写真やアクソメで、わかりやすく解説した本となっています。
http://www.shokokusha.co.jp/pdf/978-4-395-00897-1.pdf

大学や工業高校、専門学校の建築構造テキストとして
活用されていると聞きます。
この度、増版するということで
多少のチェックを経て、重版されました。
画像

私は当時、林野庁の補助事業で、
アメリカの大規模木造建築調査団の幹事として同行し、
全米各地の木造建築を視察・調査し、
帰国後の資料整理などを、
恩師・納賀雄嗣氏と共に、おこなっていた関係で、
『木造大スパン構造』のページを担当しました。

懐かしい思い出と共に、
当時の写真をデータ化した作業を思い出しました・苦笑。
スライドをスキャナーで取り込んむのですが、
ゴミ取りをおこなうために、3分/枚程度かかり、
黒の樹脂ボディーのPowerBookG3が、
相当熱くなっているのを
ヒヤヒヤしながら横目で見ておりました。

アメリカの大規模木造建築、
これから、少し振り返ってみようかな。
画像


人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
図説テキスト建築構造第二版・彰国社編。 ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる