ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 富山・高志の国文学館。

<<   作成日時 : 2012/09/29 07:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

高岡の住まいセミナー後の富山・金沢の建築散策。
まず訪れました高岡市美術館・射水市新湊博物館。
http://atelier-m-architects.at.webry.info/201209/article_12.html

お次は、富山市内に今年オープンした高志の国文学館。
http://www.koshibun.jp/exhibition/
設計は、シーラカンス。
旧知事公館の改修と共に、緑豊かな庭園に囲まれています。
画像

ここは、故郷ゆかりの作家、書籍や執筆道具などの展示施設。
万葉集を編纂した万葉歌人・大伴家持に始まり、
藤子・F・不二雄、藤子不二雄Aといった漫画家まで、
多種多様な作品を、ゆったりと鑑賞できます。

水盤脇のエントランスアプローチは、
県産材の杉ルーバーで被われた、
5m以上のキャンティレバーの庇が圧巻。
画像

画像

銀色に輝く外壁は、よく見ると紙をクシャクシャにして
延ばしたようなモチーフのアルミダイカストパネル。
その中には、押し花ような葉の転写も。
この辺りは、紙と本という展示モチーフを
見事に、外壁材に取り入れています。
画像

画像

そのアプローチに沿って、内部には休憩ゾーンがあり、
内部からは、アプローチ越しに、
庇に切り取られた自然庭園の緑が目に飛び込みます。
画像

内部の展示空間は、作家ごとに映像や
書籍で工夫を凝らし、
シーラカンス独特のシンプルで端正な空間と合います。
画像

また、様々な大型本棚は、本に合わせて、
それぞれディスプレイされて、一つのオブジェのようです。
キッズコーナーも、楽しそうな空間でした。
画像

画像

画像

画像


もう少し居たいなぁ・・・という気持ちにさせてくれる
作家やその本と向き合える文学館でした。

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
富山・高志の国文学館。 ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる