ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ授業2013-1・日本美の再発見・桂離宮。

<<   作成日時 : 2013/04/27 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 29

画像

日本美の再発見・桂離宮。
八条宮初代智仁親王と二代智忠親王によって、
1615年頃から約40年を費やして八条宮家の
別荘として造られた桂離宮。

簡素にして、明快な建築と庭園は、日本建築の不朽の名作として、
来日したドイツの建築家ブルーノ・タウトによって
賞賛されました。
画像

その書院の雁行した特徴的な配置計画は、
それぞれの部屋からの月見を考えたものといわれ、
高床式の構造は、桂川の氾濫に備えて、
床下の防湿と通水を考慮するなど、実用性と美観が
一体となっています。

また、その庭園の自然石・樹木・畳石などの配置に、
西欧手法の遠近法・見透線に影響を受けた、
こちらも、明快なデザインの新しい造園手法が
取り入られています。

また、松琴亭の襖や床の間で使われている青と白の市松模様は、
目にも鮮やかな配色で、
見る人に斬新で、かつ清新な印象を与える空間となっています。
画像

桂離宮の見学には、事前に宮内庁HPで予約する必要があります。
皇居、京都御所、仙洞御所、修学院離宮も、
同様な措置がとられています。

http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/katsura.html

<ブログ授業ミッション>
上記宮内庁トップページから施設案内ビデオ映像で、
桂離宮全体を解説を聞きながら、
巡って見ることができますので、じっくり鑑賞し、
各々の感想コメントをIDとともに、記してください。

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(29件)

内 容 ニックネーム/日時
襖が独特的で西欧の技術を取り組んでて日本と西欧のコラボレーションでより良い建築物が出来ていると思いました
Z
2013/04/27 10:26
庭園のどこに居ても自然が感じられ、春夏秋冬どの季節に来ても違った良さがありそう...。
襖障子に描かれている墨絵や、所々に用いられている市松模様が印象的でした。
落ち着きと趣のある、日本建築ならではの美しさが感じられる庭園でした。
A1
2013/04/27 15:04
外腰掛の茅葺寄棟造と松琴亭の茅葺入母屋造に興味を持ちました。それぞれの建物にあう造だお思いました。
M
2013/04/27 16:17
まず庭園で砂浜や海、岬を表現している点で面白みを感じました。
どの建物にいながらも庭園が望めるが、全ては見渡せないようになっているという、奥ゆかしさが日本建築ならでわだと思いました。
また、襖に描いてある絵や市松模様が豪華で、美術館なのか茶室なのか分からないほどでした。

2013/04/27 18:54
建物は昔の日本の建築物のように見えるのにそのなかには西欧の手法の影響をうけたデザインがとりいれられているというのにおどろきました。
Q
2013/04/27 20:59
実用性の事も考えつつ美観にも手を抜いていないのがすごい。
日本の手法だけでなく西欧手法が加えられているところも斬新でいい。
K
2013/04/27 22:14
庭園の何処にいても四季の変化を感じながらお茶を楽しむことができる。昔ながらの茶室の中にチェック柄を取り入れて斬新なデザインになっていてよかったです。見る者の心を動かす素晴らしい日本建築だとおもいました。

2013/04/27 22:42
季節を感じることができ、日本の高床などの技術だけでなく西欧の技術も取り入れていて、機能だけでなく美しさも目立っているすごい建築でした。
P
2013/04/27 23:26
庭園が広かったり、書院の配置はそれぞれの部屋からの月見を考えたものといわれるなど、自然を良く感じられる。
青と白の市松模様は日本らしさが感じられきれいだなと思った。
Y
2013/04/27 23:29
まずすごいと思ったのはそれぞれの部屋から月見が考えられていることです。想像してみると行ってみたい気持ちになりました。
次にやはり高床式が動画をみて感じました。
どの歩く道にも楽しみがあって素晴らしいと思った。
和の中に洋を入れるのは斬新な考えだしなのにとてもなじんでいた。
住吉の松は庭全体をあえて一度に見せないようになっていて細かいところだけどそういうの好きだなって思いました。

2013/04/27 23:40
僕がこれを見てまず印象に残ったことは、
外観がこれほど美しいのにさらに実用性も兼ねているという点です。
それでいてそれぞれの部屋で月見が楽しめるという和を大切にした遊び心に胸を打たれました。
N
2013/04/28 01:18
庭園と建築の融合というだけあり、深みと趣を感じました。
どこにいても庭園を眺めることができ、それぞれに良さがあるところに素晴らしさを感じました。
囲炉裏の間で飛び火に備えて作ってあるなど、300年以上も前なのに計算されて作ってあって、それらが今の建築につながるんだなと思いました。
U
2013/04/28 15:50
青と白の市松模様がとても斬新で目を惹かれました。また、とても風情があり、どこからでも自然を感じられる造りは本当に美しいと思います。美観だけでなく実用性も考えられているという点もすごいと思いました。
c2
2013/04/28 16:50
40年費やしての建築だが、今同じものを造るとしたらおそらくもっと容易に造れるだろう。だが、これが設計され造られたのは400年も前の時代である。
その当時からこれだけの景観や利便性、空間を利用した斬新さや自然を生かした構造、西欧の手法を施している。
これだけのことをやってのけるにはそれだけの技術をもっていることはすごい。
D1
2013/04/28 21:05
今の自分には桂離宮の凄さの全てが分かるわけではないが、自然を良く感じられる庭園と、建物の作りが日本人ならではの発想だと思った。

2013/04/28 22:15
和と洋の造り、山と海を模した外観。日本の伝統と西欧の文化が混ざっていることで、より魅力的になっていると思う。庭園には緑が多く、気分が安らぐような造りに出来たのは、日本人ならではの感性によるものだと思う。この庭園を見たときの感動を忘れずに今後の学習に生かしていければと思う。
E2
2013/04/29 19:51
日本庭園独特の庭に美しい景色を作り出す技法がやはり凄いと感じたのと、各建物から美しい庭園が眺めれるようになってるところや、月を観るための月見台があるところなどが、日本独特だと思った。また四季折々に宮廷文化の美が観れるのがとても魅力的だなと思いました。
桂離宮では、遠近法を使うなど西欧の手法が混ぜているところや、ところどころの部屋の襖のデザインを変えているなど、住む人や来客者が、楽しめる工夫がされているように思った。しかし、全体的に茶色や緑ばかりで、色彩豊かな花が無いのか気になった。
A
2013/04/30 04:00
「質素と簡素の中の美」この言葉がとても的を得ている様に感じました。当時の美意識や工夫が所々に感じられ創造することについて改めて意識できたとともにこの美意識を消化し置き換え可能な力にすることがいま私たちにできることではないかと思いました。
O
2013/04/30 08:58
40年も費やして建築された桂離宮は自然を感じられ和を感じ防湿や通水、鮮やかな配色などな実用性と美観の一体がすごいと思った。
X
2013/04/30 09:34
40年も費やしたこの離宮は、とてもすごいと思いました。防湿・通風など、実用性と共に美観もありとてもいいと感じました。園芸のデザインは、明快なデザインで襖や床の間のデザインは、とてもきれいだと感じました。また、柱離宮見学にも行きたいと思いました。
G
2013/04/30 12:38
庭園のある住まいに憧れてるところがあるので自分的にはすんでみたいと思った。

2013/04/30 13:18
桂離宮は自然との組み合わせがすごいと感じました。庭園の周りに建物ができていてどこからでも景色が良く見えているところがいいとおもいました。
月見をする場所が二か所ありそれぞれ違った作りでできているところがよかったです。
B
2013/04/30 13:27
季節が感じられて西欧の手法なども使われていて驚いた
L
2013/04/30 18:36
静かなのに迫力を感じます。
壁や襖のデザインがとても斬新で印象に残りました。石で何かに見立てているところはすごいと思います。
桂離宮には日本ならではの美がたくさんつまっていました。
W
2013/04/30 21:07
とても古風な感じがして日本の文化みたいなのを感じました
S
2013/05/01 16:44
400年前の建築だけあって古風を感じたし、
周りも中も美しさを感じた。それにどの部屋からも月見ができるなんてうらやましい。
僕も将来こんな古風ある建築物を建てたい。
V
2013/05/01 20:16
家と自然とが一体化しているようで、人口的に建てられたということを感じさせないような建築物だと思いました(゚∀゚)
J
2013/05/01 22:40
庭が広くて手入れが行き届いている上に避暑地にも最適。
夢で桂離宮が自分の別荘として出て来そうです。

2013/05/01 23:54
桂離宮は別荘の様な雰囲気を出していて、住むには覚悟が必要かと感じました。ただ単に建てた様に見える建築物は、実は意味を持って創られていた事に感心しました。
 それと、月見専用の茶室があるのには驚きました。

コメント遅れてすいませんでした。
R
2013/05/03 23:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログ授業2013-1・日本美の再発見・桂離宮。 ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる