ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ授業2014/ル コルビジェ「サン・ピエール教会」

<<   作成日時 : 2014/05/24 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 23

画像

ロンシャンの礼拝堂、
ラ・トゥーレットの修道院に続く、
3番目の宗教建築であるサン・ピエール教会。

建設地の軟弱地盤や建設費オーバーなどから
高さを50mから34mに変更したにもかかわらず、
基礎部分が完成しただけで頓挫し、
その後約20年間も放置されていました。

この未完の作品は、その完成予想図が
CGで再現されるなど(授業で見せましたね)
注目を集めていましたが、
地道な努力が実を結び、
2003年になってようやく建設が再開し、
2006年に完成。
画像

東側の壁面に開けられた小さい穴は、
祭壇背面から無数の光の帯が差し込み、
西側は西日を取り入れる
緑色の四角い明り取りがあります。

塔頂部には黄色と赤の大きな明かり取りが設けられ、
それぞれが時刻に応じて、
祭壇の十字架を照らし出すという、
まさに、光の教会といえる演出がほどされております。
画像

なお、本日の建築日記は、
専門学校の建築計画T・課題授業となっております。

<連絡事項>
この建物のクイズと印象を、与えられたIDと共に、
コメントして下さい。

1.建物周囲に取り付いている帯状の物体は、
 一体なんでしょうか?

2.外観・内観の印象も交えてコメントをして下さい。

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
1.帯状の物体は、建物の周囲を囲むように下まで取り付けてあるのでおそらく雨樋の役割をしていると思いました。
2.教会は建物の角などが丸く流れていて自然の中に溶け込むようにあると思いました。
内観で感じられたのが光を利用して時間帯によって光の照らす場所、光の数、光の色などを計算して造られているんだと思いました。
ただ開口部を設けるのではなく、光の演出を取り入れて建築しているところが心に残りました。
F
2014/05/24 09:03
黒い帯が雨を逃がすみたいなやつだと思いました、中は光を計算してできてて凄かったです。
W
2014/05/25 00:10
黒い帯が雨を逃がすみたいなやつだと思いました、中は光を計算してできてて凄かったです。
W
2014/05/25 00:10
1.雨水を放流する為の雨樋。

2.単に、光を建物取り入れるのではなくコンクリートに色を塗るだけでステンドグラスのような効果を生み出したり、壁面に小さい穴を開け、星の煌めきを演出していてるなど、要所で光を利用した仕掛けの魅力に僅かではありますが、共感できまた。
N
2014/05/25 12:27
1.建物の周りについてある帯は雨水を一定の場所に流す雨樋だと思います。
2.光を建物の中に入れる事に対して様々な工夫があり、色のついたガラスも使ってあってすごくいいと思いました。建物の外と中とで窓の大きさが違い、建物に入ってくる光にも魅了されました。素敵です。建物の外見はコンクリートなのに角が滑らかですごいと思いました。
P
2014/05/25 16:06
1黒い帯は雨水を逃がすための物だと思いました。2内観は無数の穴から光が差し込むことがすごいと思いました。
E
2014/05/25 17:59
1.あの帯状の物は雨水を1つの場所に流すものじゃないかと思います。
2.見た目がとても変わってる教会です。僕が思う教会とか全然違うし、シンプルで無駄がなくデザイン性のある教会ですね。
赤と黄色の光が指しているのが印象的です
V
2014/05/25 18:03
1.私は帯状のものを雨樋の役割もしつつ、光を内部に取り入れるためのものでもあると思いました。

2.打ちっぱなしのコンクリートにそれぞれの光が反射しとても美しいと感じました。太陽の向きなど計算がきちんとされてあり、自然の光を間接照明のように取り入れていてすごいと思いました。外部はコンクリートをなめらかに仕上げてあり、形も現代的で美しいと思いました。
Q
2014/05/25 18:26
⒈帯状のものは雨樋ではないかなと思います。また、その帯状のものからも光を取り入れられるようになっていて、内観を更に幻想的にしているのではと思いました。

⒉私は初めてこの教会を見たときに今まで教会と言われて想像していた建物とは全く違うなと思いました。
コンクリートの打ちっぱなしで綺麗に仕上げてあって、コンクリートなのに丸くて柔らかくて優しい印象を持てます。
内観は壁に無数の穴が開いていてそこから差し込む光が作り出す空間はとてもきれいだと思いました。また、時刻によって塔頂部からの赤と黄の光が内観の雰囲気を変えていくのも素晴らしいと思いました。
ル・コルビジェは光の彫刻家と言われてるだけあって光の使い方がとても上手です。
教会は光が大事だと思います。無数の光の点や、柔らかで優しい曲線の光、どの光も建築物を更に素敵に、幻想的に見せているコルビジェの作品にとても興味を持ちました。
行ける機会があれば一度自分の目で見たいです。
S
2014/05/25 19:39
1雨などが降ったときにこの建物はコンクリートの壁をつたってしたに雨水が直接落ちてしまいます。そうなると建物の周りもコンクリートなので雨水がはけにくくたまってしまいます。それを避けるため建物の側面に雨樋の働きをする帯状出っ張りを設けている。
2この建物はコンクリート構造物なのに壁が斜めになっていたり、建物の角を丸くしていたりしています。コンクリート打ち込むときの型枠づくりがとても大変だったと思います。熟練の職人の技術が必要だったのだとこの建物を見て感じます。費用が足りなくなるのもわかる気がします。職人の技術が詰まった素晴らしく美しい建築物だとおもいました。
J
2014/05/25 20:49
1.帯状のものが雨水を流す役割をしていると思った。
2.光をただ建物の中に入れるだけでなく、壁に無数の穴をあけて星の輝きを演出して、幻想的、神秘的空間を作り出していると思った。
I
2014/05/25 22:14
1.建物を取り巻いている帯状のものは雨樋の役割をしているとおもいます。
2.そして壁が少し斜めになっているのも、雨樋の役割を発揮できるようになっているとおもいました。
内観の光を取り入れるための小さな穴は西側はだけにあって全方角にあれば一日中明るいのになーっと思いましたがそこの考え方が違くて、塔頂部に黄色赤色の大きな明かり取りが設けられていてそれぞれが時刻に応じて反射して内部にある十字架を照らし出すというRPGのような現実にありうることが素晴らしいとおもいました。
K
2014/05/25 22:55
1.帯状のものは雨樋の役割をしていて雨が降っても効率良く雨が地面に落ちるように工夫されてるんだと思いました。
2.見る人をひきつけるような形をしていたためどのように考えてあの形にしたのかなと不思議に思う外観で、また光で十字架をつくるなんて緻密な計算をしたと思いました。
G
2014/05/26 09:16
1.帯状の物体は雨水を下に流すためのものだと思いました。
2.内観は暗い建物の中をたくさんの小さな穴から差し込む太陽の光が
とてもきれいだと思いました。外観は十字架を照らし出すようになっていて、
内観外観の両方の演出がすごいと思いました。
C
2014/05/26 20:17
1.雨水を流すものだと思いました。少しらせん状になっているのは帯をつたう雨の音が中で反響して雨の日には雨音をも楽しめるようにしたのかな〜とも思いました。
2.外観は教会というよりもどちらかと言うと、大きな展望台という感じがしました。赤と黄の光が十字架を照らすというのが神秘的だなと思いました。無数に空いてる穴は星とそこから漏れるこぼれみ、屈折しない一筋の光の道などを表現しているのかなと思いました。赤と黄は明るい星のイメージであと、教会なので主教的に十字架をキリストとして、赤と黄の光を星のイメージして十字架を照らことからベツレヘムの星を表現したのかもとも思いました。
R
2014/05/26 21:55
1 帯状の物体は雨水を逃がすための雨樋だと思います

2 教会と言われてもピンと来ないような外見で全体的に丸みを帯びていて不思議な形だと思いました
内部には光をうまく取り入れるための工夫が細部までされていてコルビジェの発想はすごいと思いました
U
2014/05/26 23:33
1、水捌けを良くするためだと思いました
2、自然も建築の一部にする発想が凄いなと思いました
A
2014/05/27 09:26
1.帯状の物は雨を下に流す役割があると思います。
2.コンクリートに光が反射して美しいと思いました。教会とは思えない奇抜なデザインだと思いました。コンクリートなのに優しい印象を受けすごいと思いました。
B
2014/05/27 09:28
1.雨を除ける為に作られたのだと思いました。デザイン性も良いと思います
2.中に光が入るという工夫も凄いですが、中から見た感じの光もとても素晴らしいと思いました。外観も謎めいていて凄いと思います。
T
2014/05/27 09:36
1.雨が降った時に雨を流すものだと思いました。
2.穴から光が入ってくる教会なんて素敵だなと思いました。放置されてたけど無事完成して良かったです。
L
2014/05/27 20:49
1 雨が降ったとき帯状の物をつたい、雨水が流れていき、建物の帯状の物にそって雨水が落ちていくと思います。建物の形だと雨水が形にそって落ちていってしまうのでこの帯状の物のアイデアはとても面白く感じました。

2 前にコメントで書いてありますが教会という建物には見えず、展望台という印象でした。
ル コルビジェの作品は建物の印象から別の建物を創造させる作りが独創的?唯一無二?みたいな印象を持ちました。
1にも書きましたが帯状の物など面白いアイデアを詰め込んだこの建物にはとても興味を持てました♪
H
2014/05/27 21:33
1 帯状の物体は塔頂部から建物の下まで降りているので上で溜まった雨水を流す雨樋なのではないかと思います。

2 太陽の動きと光の入る位置を考慮して作られた開口部は素直にすごいと思いました。
D
2014/05/27 22:31
1雨水を逃がすための雨樋的な物だと思いました
2建物の多くの穴から入る光がコンクリートに反射してとても綺麗でした。外観も色が塗られてあってよく合っていると思いました。
M
2014/05/27 23:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログ授業2014/ル コルビジェ「サン・ピエール教会」 ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる