ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記

アクセスカウンタ

zoom RSS おりづるタワー探訪『ひろしまの丘』編。

<<   作成日時 : 2016/08/27 18:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

プレオープン間もないおりづるタワーへ行ってきました。
私の故郷・広島ですので、原風景でもある平和公園、
しかも、原爆ドームすぐ脇にある古いビルのリノベーションですから、
非常に興味あるプロジェクトです。
設計は三分一博志氏。風を取り込む建築で有名です。
http://www.orizurutower.jp/

おりづるタワーの特徴は、何といっても最上階にある『ひろしまの丘』
http://www.orizurutower.jp/experience-area/sightseeing-tower/
階段を上がると、いきなり眼前に広がるヒノキで被われた小さな丘は、
程よい斜面と段状で構成されて、
柱も天井もすべて被われています。
画像


実は、この階段分が丘の高さになっているので、
階段脇からそのままのレベルで、
丘のすそ野となる建物周囲に出ることができます。
また、階段側の壁はすべて鏡となっていますので、
そこに丘の虚像が映り込んで、360°の景観が広がります。
画像

画像

デッキの丘には、人々が思い思いの場所に座って、
広島市内を一望できます。
訪れたのがうだるような暑さの7月中旬でしたが、
風が吹き抜けて、とても気持ちよい。
画像


床から3mほどの大きな庇状の先端までは、
菱型のステンレスワイヤーで被われて、
床には、アイビーが植栽されていますので、
ここもやがてグリーンカーテン化するはずです。
画像

画像

立地的に、原爆ドームのすぐ脇ですので、
平和公園も含めて、全体を俯瞰することができますが、
一般の人々がこの風景を見ることができるには、
広島では画期的なことではないでしょうか。

デッキには、照明が配置されていましたので、
夜景は、もっと幻想的になることでしょう。

見所満載なので、他の箇所はまた別の記事で。

ひろしまの丘の動画はこちらから。
https://youtu.be/mTSZZ3csnjE

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おりづるタワー探訪『ひろしまの丘』編。 ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる