ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 静岡・小鹿の家

<<   作成日時 : 2018/05/24 07:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


・所在地:静岡市小鹿
・主要用途:専用住宅
・敷地面積: 96.60 m2
・延べ面積:116.81 m2
・2階建て
・竣工:2004年3月
・構造:枠組壁工法
・施工:久保田建設

いわゆる旗竿宅地と呼ばれる道路から3m幅の敷地延長から
奥に敷地がある形状で、なおかつその部分は変形の台形をしていて、
実質の建てられる敷地は23坪ほどの広さ。周囲に建物が密集して、
唯一南側がマンションの駐輪場前で陽当たりがあるものの、
その部分が一番敷地幅の狭い4.9mほどという条件の悪い敷地でした。

ここに4人家族の明るい住まいをいかに創り出すかが大きなテーマです。
建物は敷地形状なりの一片が平行でない変形台形に片流れ屋根を
掛けたボリュームを切り取っていますが、平行でない壁が、
かえって内部に広がりを与えています。

ガルバリム鋼板で覆われた外観には、
各開口部すべてに特注の庇が付き、南側のバルコニーは持ち出しの
袖壁と屋根に覆われたプライバシーの高くなる工夫があります。

画像

画像

画像


南側に広間と吹抜と2.2mの開口部を上下に設けて、
南からの光を住まい内部に深く導いています。
この吹抜には南バルコニーへの通路が延びていますが、
光を妨げないように厚10mmのポリカーボネート製の
透明な床となっています。
ここは照明があり夜には照明ルーバーの役割も果たします。
またバルコニー床もグレーチングとして、
冬の陽射しをできるだけ邪魔しないように取り入れることを考え、
夏の日差しと西日は、屋根と袖壁でカットするようにしています。

画像

画像

画像

画像


この広間・厨房・食堂は、通路と収納階段部分も取り入れることで
20帖の広さがあります。また玄関脇から広間への通路壁面には
クロゼットや収納があり、これとは別に、厨房→洗面ユーティリティ
へのサブ動線を確保して、1階部分に回遊できるようにしています。

画像


2階には主寝室と子供室2室がありますが、
いずれも造作ベット・クロゼット・ロフト収納・ハシゴが用意されています。
主寝室のベット間には板を渡すことで、畳コーナーのようになる
畳ベットとなっています。

画像

画像

画像


片方の子供室は2階部分で2m幅しか取れていないですが、
ベット・机・本棚・クロゼットが用意された勉強・就寝スペース
と位置づけ、ロフトは遊びコーナーとして上下に分けていて、
玄関前に跳ね出した特徴的な外観を創り出しています。

画像

画像


洗面所には出床としたトップライト兼収納スペースが、
2階便所にも出床としたトップライト兼洗面があり、
密集地でも昼間は明かりいらずの生活環境となっています。
鋭角北コーナーが洗い場にある浴室は、そこをベンチと
トップライトに活用して、こちらも明るさが確保されています。

画像

画像

画像

画像


内部床はメープルフローリング、壁・天井は、OSB合板素地貼りを
標準としつつ、広間・厨房や一部壁はルナファーザーAEP塗り
としています。広間・食堂には温水床暖房が設けられています。
外部のデッキと米杉板張り塀のおかげで、広間の延長空間として
唯一の南庭をより活用できるようにしています。

画像

画像


人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
静岡・小鹿の家 ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる