三郷詣で#8・先行解体/確認申請/保健所ヒヤリング

画像


S邸新築工事も、いよいよ現場が動き始めました。
敷地背後に新築するための建設路を確保する、
既存建物の先行解体が始まり、
所定のラインで建物をカットして解体。
その切り口にブルーシートを貼って応急処置。

これで、営業しながら、住みながらの
工事が可能となります。
設計の方も、埼玉の第三者認定機関に確認申請を提出。
所変われば品変わるではありませんが、
静岡では、即日取れる確認も中3日必要とか。
遠距離からの申請では、手間が掛かりますが
こればかりは、致し方ありません。

続いて、管轄保健所へ店舗部分の申請打ち合わせ。
こちらも、所変われば品変わるでは
すまされない相違点が・・・。
静岡では、客用のトイレに消毒装置付き手洗い器、
つまり液体石けん入れを設ければよいのですが、
こちらでは、トイレの中ではなく、
客席内に設ける指導とのこと。

厨房内でもシンクが複数ある場合は、
そのどれかに消毒装置を付ければよいのですが、
こちらでは、専用の手洗い器を設置する。

これは、各都道府県の条例で決められるために、
場所によって大きく違ってきます。

わずか5.3畳の厨房と12.3畳の客席という小店舗では、
大きな負担となります。

厨房の方は、あらかじめ聞いておりましたが、
客席の方は、図面を見てからと
なんとかなりそうな感じがあったのですが・・・。

やむなく、トイレから手洗い器を出すことに。
しかし、こういうのはどこでも統一した見解に
してもらいたいところですね。

画像


帰宅前の本日の中華は、上海焼きそば。
これは、ソバをさっとあげてから
海鮮あんをかけるそうですが、お勧めとのこと。
ここは、すべてお勧めといわれるのですが、
あえて言われるところに期待が膨らみます。
ソバは、少し焦げ目がつく程度にあげてあり、
かといって、パリパリに揚げていないところがミソ。
ソバの香ばしさと濃厚なアン、海老、イカ、
そしてシャキシャキ感の残る野菜が絶妙。
癖になりそうなお味でした。
これで、10品目制覇。

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければクリックをお願いいたします。・・・ありがとうございまいした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック