ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 哀悼・愛犬アース。

<<   作成日時 : 2009/01/06 06:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

迎春・2009年。
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

画像


大晦日の早朝、我が家は大切で、
かけがえのない家族を失いました。
調子が良くないな・・・・・、
という病状が表立ってから
わずか12日間という短さが、
家族の悲しみを一層深ませております。

愛犬アース、享年11歳3ヶ月。
最後は、病院で眠るように・・・・・。
元日に手術予定でしたが、
間に合わず・・・・・。
切って、術後苦しむよりは
良かったかもしれませんとは言われましたが。

1月2日に、福岡にて打ち合わせがあるため、
久しぶりに広島に帰省していた折りの痛恨時。
完全看護で、万全と思っていただけに、
残念でなりません。

遺骸は、平澤の山あいにある平澤寺動物霊園にて
一昨日荼毘に付し、我が家に戻っております。
本日は、初七日。
平澤は、日記にも良く登場しますが、
イベントで子供とよく行く
遊木の森への道程にあり、
近くには、レストラン・フライパンもあり、
我が家からも近く、
いつも身近に感じることのできる場所です。

画像


アースを浜松のご家族から譲り受けましたのは、
静岡に引っ越してきた翌年の1997年末。
日本平パーキングエリアで受け取ったのが生後2ヶ月。

高校までの広島時代には、家族も動物好きで
ポメラニアン、チワワ、雑種など、
多くの犬を飼っており、お猿さんまでおりました。

それぞれが大切な家族であり、
それぞれから、逆に大きな贈り物をもらい、
過ごしてきました。
今は皆、天国で過ごしておりますが、
静岡で家族となったアースは、
私にとって、初めての大型犬。

まだ、東京勤務時代であった私を、
深夜の帰宅を、狂喜乱舞の出迎えで、
○○まみれとなって大喜び、慌てて浴室で洗い、
毛を乾かし、檻の中に私が半身を入れて、
そのまま、朝まで寝込んでしまうことも(笑)

散歩の公園で草むらから見つけ出したボールは、
ゆうに100個を超えるボール好き。
すべり台のはしごを登り、
滑るという特技は、周知の通り。

一番の遠出は、シビックに家族5人と蓼科まで。
様々な思い出が溢れ出てまいりますが、
主を失った犬小屋が、今はひっそりと。
この喪失感は、なかなか癒えそうにありません。

我が家の隣の保育園も始まり、
散歩に通りがかる園児から、
ア〜ス〜という呼び声が・・・・・。
こちらにも、お知らせしなければなりません・・・・・。

数多く残された食べ物は、
近所のピレネー犬へ形見分け。

私の大切な相談相手でもあり、
グチを聞いてくれていた相棒、
そして、愛娘・・・・・。
これからは、もっと自由に走り回って下さい。

合掌。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アース嬢のご冥福をお祈り申し上げます。

大型犬で11歳まで生きてくれたのだったら天寿に近いように思います。それにしても残念で、悲しみを直ぐに忘れることは難しいと思いますが、アース嬢もmacchanさんと一緒に暮らせて幸せで充実した一生だったと思いますよ。それがこの追悼記事で十分に伝わってきました。

 合掌
彩季堂
2009/01/06 17:07
>彩季堂さん
温かいコメント、
どうもありがとうございます。

別れは、いつかはやってくるものですが、
突然の死とその喪失感は、
なかなかに厳しいものがありますね。

こうしたコメントは、
何よりのはなむけとなります。
重ね重ね、どうもありがとうございます。
macchan
2009/01/06 21:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
哀悼・愛犬アース。 ほぼ日刊アトリエMアーキテクツの建築日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる