樋&ブログ授業・谷田社長の前振り。

今週末おこなわれます本物の樋の授業。
『 雨のみちをデザインする 』という社是の
タニタハウジングウェアの谷田社長にご講義いただきますが、
まずは、私が前振り役として、基礎編を。

ちょっと、訳あって(理由はお判りかと)
爆発したあとの授業だけに、やりにくいなぁ(苦笑)

各種軒樋のカットサンプルをご提供いただいたのは昨年。
それを学生に触らせながら、
そのデザインや素材感を確認しながら、
どうしてそういう形になっているかを話す。
これが、すごぶる好評で、実際に手に見ると、
その理解度が、圧倒的に違います・・・・・よね(汗)

普段、目には入っていても
意識されることはありませんが、
しかし、雨を受け止めて排水するという重要な役割がある。

設計演習で住宅のプランニングやエレベーションに
悪戦苦闘中の学生達にとっては、
樋などは、眼中にあるはずもなく。

どうやって屋根を架けようかと悩む学生に、
ぼくは、どこに縦樋を落とそうかと悩むんですよと解説。

最初は、ピンときていないような学生達も
話を進めていくうちに、何かが分かった様子・・・・・、
ですよね(汗)
さらに、住宅のデザインや周辺環境によっても
樋の選択が変わってくる。

小田急線沿いの生田に建つ賃貸+オーナー住宅。
ここでの樋は、外観のボーダーに見えるような
モールガーターと呼ばれる3段ラインの薄型樋。
http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid44.html
画像


日本平・静岡の風景を富士山を取り込む家。
大屋根の排水と質感を考えたステンレス樋・レクステン
http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid33.html
画像


熱海・下多賀の桜と海を愛でる家。
10mのソメイヨシノ・八重桜の枝の下に入り込む屋根には
落ち葉対策にもってこいのすとっ葉。ーというカバーつき樋。
http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid43.html
画像


静岡・駿河湾を望む家。
山からの落ち葉対策と共に、
ここでは、すとっ葉。ーを屋根の先端に見立てて
屋根と一体に扱い、樋の存在を消そうという試み。
画像


浜松・遠方の桜と風景を望む家。
片流れのシンプルな屋根に合った素朴なスタンダード半丸樋。
http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid37.html
画像


これで、色々な意味で(学生だけに分かります)前振りも充分。
カットサンプルを学生の勉学のために、
快く提供してくださった、
タニタハウジングウェアの谷田社長に、
この場を借りまして、厚く御礼申し上げます。
http://www.tanita-hw.co.jp/

<専門学校・業務連絡>
授業で学んだ、建物と樋の関係について
自分なりに、印象に残ったことや
考えたことをコメントしてください。

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

I-2
2009年10月18日 15:35
今まで正直樋のことを気にしたことがありませんでした。しかし授業で先生の話を聞いて家の形によって樋の形を考えたりすることが大切なんだな~と思いました。
サンプルを見て一番不思議に思ったのがすとっ葉でした、本当に水が入るのだろうか・・・と疑問に思いました。
W-1
2009年10月18日 16:37
自分も今まで考えられなかったですね・・・。
授業をうけてからふと見ると樋がきになります。今まであまり気にはならなかったんです。ただ、前に触れたときも同じ感じでしたが。。。
写真見ると全部違和感なくてすごいと思いました。樋の存在を屋根と一緒にするといううのもかっこいいです。
ただ、自分も思ったのですが、すとっ葉って本当に水が入っていくんですかね?弱い雨ならまだしも強い雨だったらそのまま落ちていってしましそうな感じがしました。
でも・・・商品になってるならしっかり水が入ってるんですよね。
B-2
2009年10月18日 17:55

今まで樋をそんなに気にしたことがありません。だだ雨を流すだけの目立たないものだと思っていました。松永先生が見せてくれた樋や、環境に合わせて使うということを聞いて、樋も含めて一つの家なんだなと思いました。今回、樋についてのお話をしていただけるので楽しみです。
F-1
2009年10月18日 18:10

樋なんて全く意識したことがなかったです。

でもそういう細かいところにこだわることでよりかっこよく見せたりできるんだなぁと思いました!!


また見た目だけでなく雨水を使ってダムのようにしたり、実用的につなげているところが感動しました。

来週が楽しみです\(^O^)/
G-2
2009年10月18日 18:15
その日休んでしまったのでわかりません。樋の授業見たかったです金曜日の授業楽しみにしてます☆
J2
2009年10月18日 18:48
樋にこんなに種類があるとは知りませんでした
授業で実際に触ったり見たりできて良かったです
その場の環境や家のデザインによっていろいろ種類があって驚きました
「雨を感じる」ってすごい発想だと思います!!
ネーミングもすばらしいです
金曜日の授業がとても楽しみです!!
K-1
2009年10月18日 22:42
この前の授業で樋に実際ふれてみて、素材など周辺の環境を考えてその家にあった樋を使っていることがわかり、これから設計していくうえで、いい勉強になったと思った。なかでもすとっ葉の落ち葉はいれないで水だけいれるのはよく考えたなっと思った。
2009年10月19日 00:07
macchanへのメールより転載。
メールよりのブログが調子悪いらしい。

ケータイのblogがずっと
サービスエラーでつながらなくて
といについて見れないので
この間の授業の感想書きます。

先生がみせてくれた北海道などで
雪を避けるためのといを
葉を避けるために使う案は
とてもすごいと思いました。
2009年10月19日 00:09
macchanへのメールより転載。

blogに飛べないので、mailでの
コメントですみません。
私の家の樋は、いたって普通で
ただの雨を流すためものでした。
しかし、先日の授業で実際の樋を
見て触ったりして、樋にも
こだわりたいと思いました。
ぱかぱか開く樋は、
憂鬱な雨の日もきっと楽しく
演出してくれると思います!
週末には樋を作ってる社長さんの
話を聞くのがとても楽しみです。
K-2
2009年10月19日 00:21
今まで住宅の中で樋を意識した事はありませんでした。
先日の授業の時に色々な種類の樋がある事を知り、樋のデザインやその環境に合ったものを選ぶというのも大切なのだなと思いました。
私が気になったのは「すとっ葉ー」です。
その形状も気になりますが、落ち葉対策にもなるというのが注目したい所ですね。
金曜日の授業、とても楽しみです。
H-2
2009年10月19日 00:27
樋について今までは、ただ水が流れてくれればいいやと思っていました。
けど、樋のサンプルを実際に見て、色々な種類があるのを知って、樋も住宅の一部なんだ…と感じました。
樋とか気にしてなかったので、これからは気にしていきたいと思いました!
金曜日がとても楽しみです!
2009年10月19日 06:07
macchanへのメールより転載。

普段私たちが住んでいる家や
建物には必ず樋になるものが
付いています。
しかし、常に建物を見て、
樋を見ているわけではありません。
今週の授業で色々な形や水の流れ方を
工夫した樋などを見て、
こんなにも沢山の樋があるんだと思いました。

和風の家に合う樋、四角い家に合う樋、
樋1つでも家の雰囲気が変わってしまうので
沢山の樋の中から慎重に
選びたいと思いました。
授業をしてから外を歩いていると樋を
見るようになりました。
E-2
2009年10月19日 09:03
あの授業までずっと同じ形のものしか見たことなかったので、面白いと思いました。しかし、授業で見せてくれたパッカン…でしたっけ?(汗)
あれは、子供にとっては始めは面白いかと思いますが、すぐに飽きられるような感じも思いました。
Jー1
2009年10月19日 09:04
桶を実際に触ってみて
試行錯誤しているんだ
と思いました。
雪が入らないよう作ったりデザイン性を考慮して作ったり雨水の通り道も建築に凄い重要なんだと思いました。コメント遅れてすいません
Q‐1
2009年10月19日 09:06
樋については、今まではプラスチックのものしか知りませんでしたが授業でいろいろな種類の樋があって、建物によって使い分けをしていくことの大切さを実感しました。

金曜日の授業でまた樋に関して知識を増やして、設計に役立てていきたいと思います。
Eの1
2009年10月19日 10:38
普段から桶を全く意識してませんでしたが学校の帰りなどに周囲の家をみたりしました。いろいろな種類があり、とても面白かったです。
先生が持ってきたサンプルを実際にみて勉強になりました。
葉っぱが入らない仕組みになっているのには驚きました。
金曜日が楽しみです。
I-1
2009年10月19日 10:39
樋について考え自宅のものを見てみたら、プラスチックのものが使われてました。素材を変えればもっと家の見た目がよくなるのでは?と樋について聞いてからおもうようになりました。
家によって使われる樋がちがうこと、雪・落ち葉対策など工夫があるのだなと思いました。
Sー1
2009年10月19日 12:11
今まで、樋のことなど意識したことはなかったけど、実際に授業で見たり触ったりしてたくさんの種類があることがわかりました。
また、その家のデザインや環境に応じて使い分けていることも知りました。
これからはもっと樋についても色々学んでいきたいです。
M-1
2009年10月19日 12:27
授業欠席し今朝友達に宿題の事を聞きました。樋の事など設計の時など考えた事もなく全く気にせず設計してました。地域により形などが違う事がコメントなど見てて分かりました。これから色々な家や建物を見るときに樋もしっかり見て勉強します。金曜日の授業でもっと詳しく知りたいと思います。
h-1
2009年10月19日 12:29
授業を欠席してしまったのでブログ授業のこと朝しりました。遅れてすいません。

普段、周りの家を見たりしても樋を意識してませんでした。
これからは細かいところまで見ていきたいです。
社長さんの話もめったに聞けないと思うので、しっかり勉強したいです。
G-1
2009年10月19日 12:41
遅れてすいません。
今まで樋のことをそんなに重要に考えてませんでした。樋は落ち葉やゴミが溜まってしまうのはしょうがないことだと思ってみました。だけどすとっ葉をみたときは凄いアイデアだと思いました。デザインも色んなものがあって自分もこれからは樋のことを頭に入れながらプランを考えていきたいです。
P-1
2009年10月19日 22:54
遅れてすいません。
今まで樋のことを気にしたことがありませんでした。授業で実際に触ったり見たりして、樋にこんなに種類があることを知れて良かったです。あと、葉っぱが入らない仕組みになっているのには勉強になりました。来週が楽しみです。
L-1
2009年10月19日 23:31
今まで樋のことをまともに考えたことはありませんでしたが、先生の授業を通して、たくさん種類があることや意識するかどうかで外観や実用性がかなり変わってくるということを知りました。すとっ葉ーはすごいと思いましたが、住む人にとっては、なければ不便だけどあっても多分何とも思わないものなんだろうなと思うとさみしくなりました。でも前期に学んだコルビュジエのサン・ピエール教会も然り、いい建築には樋も窓やインテリアなどと同様に考えるべき重要な要素なんだという思いを持って、授業に臨みたいと思います。
C-2
2009年10月20日 00:07
僕は樋に関して雨を流すくらいにしか考えていませんでした。でもいろいろ見てそれぞれに合った形や素材がある事がわかりました。
U-1
2009年10月20日 00:29
今まで家を見ても樋のことは全然目に入っていなかったので、先生に見せて頂いた様々な種類(効果)の樋があって、樋ひとつにも気を配って建てられた家ってやっぱり凄いと思いました
Y1
2009年10月20日 07:31
まったく意識したこともなかったので実際に触ってみることができてよかった。
より詳しい話しを早く聞きたいと思いました
A-1
2009年10月20日 13:15
樋はすべてプラスチックでできているもんかとおもったのですが、実際触れてみて、大きさも質感も想像とは違い、考えていく上での幅が広がりました。
A-2
2009年10月20日 20:15
全然考えたことありませんでした。素敵な建物を見ても、外壁とか内装はどうやってなってるのかとかは疑問に思いましたが、これからは細かい所まで見てみようと思います。落ち葉が入らないようにするなど、細かい配慮があって他のももっと見てみたくなりました。
f2
2009年10月22日 16:37

授業でてなかった
ですが楽しみに
しています。

この記事へのトラックバック