タニタ製ガルバリウム鋼板・新型『ZIG/ジグ』

画像

タニタハウジングウェアが、
建築家・伊礼さんと開発したガルバリウム鋼板『ZIG/ジグ』
谷田氏の特別授業の来静に合わせて、
サンプルを送っていただきました。

主な特徴は、
1.波板の特長と角波の特長を合わせ持った
 他にないデザイン。
2.スパンドレルタイプで、ビスや釘が見えない。
3.タニタ製樋と同じガルバリウムカラーで、
 トータルカラーコーディネートが可能。

これまで、私のガルバリウム外壁では、
波型はどうも、昔のトタン外壁のイメージが強く、
角波か、縦ハゼ折りが主流。
画像


『ZIG/ジグ』は、この折衷式で、
角波より、柔らかい印象を与えてくれそうです。
画像


スパンドレルタイプで、ビスや釘が見えないというのは、
優れた納まりですが、
逆に、定形幅で割れていないと難しいのかも。

開口部や外壁の凹凸で割り切れていない場合の納まりなど、
この辺りは、今後の製品で検証したいとところです。

また、優れていると思うのは、
単純で、汎用性のありそうな開口部の役物が、
これに合わせて、用意されるところ。
開口部周りの処理は、いつも板金屋さんと
確認しつつ決めることが必須ですが、
これが、役物として用意されているところが良いですね。

説明書をよく読むと、樋の吊り金物が、
従来型ではなく、『ZIG/ジグ』専用となるとのこと。

う~ん、樋も合わせて付いてくるタニタ・エコシステム。
タニタ製新型『ZIG/ジグ』、
ザクとは違うのだよ、ザクとは!
画像


人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック