住まいの動きを考える設備計画。

静岡国吉田物語は、基本設計終盤の電気・設備計画へ。
住まい手の住まい感によって、
様々な状況を考えながら決めていく照明計画。
間接照明を主体に、住まい全体の適材適所に
その役割を考えながら決めていきます。

LEDや電球色蛍光灯で、省エネも考えながら、
空間の光のしつらえやメンテナンス、
色々な観点から、選択・決定していきます。
画像

設備計画は、給排水ガス、床暖房、エアコン、
太陽光など、コストとのバランスや効率、
こちらも、大切な検討課題です。
画像

今回の国吉田物語は、国産材杉を使用した
Jパネルによる落とし込み工法のため、
基本的には、内壁や天井は構造Jパネルが現し。
http://www.length.or.jp/ma-01.htm

配線や配管、エアコンや換気扇などの
系統や設置場所を構造計画と併せて
検討することが、重要となります。
画像

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック