静岡国吉田物語は追い込み中。

画像

国産杉Jパネルによる落とし板壁工法の
静岡国吉田物語も、実施設計の追い込み。

構造図の作成は、検討用に作成した
構造模型が威力を発揮します。
構造計算書に基づく金物チェックは、
通常の金物ではなく、
先輩の三澤康彦・文子ご夫婦が開発に関わった
Dボルトなどの落とし板壁工法に合った
接合金物に置き換えていきます。
http://www.cobot.co.jp/dbolt/dbolt.html

しずおかの木補助事業申請のための木拾いも
並行しておこないながら、
確認申請前に必要な風致地区申請などなど、
山積みの作業を目の前にして、
やっぱり、設計の追い込みは大変ですが、なぜか楽しい。
やっぱり、アトリエMアーキテクツだ・笑。


人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック