地産地消より地産都消という考え。

画像

県産材の新しい活用法をどのように販促するかの相談。
皆さん、消費税増税後の冷え込みを前に、
いろいろな考えを持っておられます。
静岡県の助成制度や木材利用ポイントなど、
助成金を前面に出しても、
その補助金がなくなれば、おしまい。

そこは、どのような分野への打ち込みをするか、
そのメリット・デメリットを踏まえて、
ユーザーへの訴求効果を考える。

コストオンリーでは、対抗できないなら、
そのデメリットをどう克服するか、
あるいは、その分野に共通するメーカーとの連携など、
まだまだ、できることはある気がします。

さらに地産地消といっても、
地域では当然消費に限界があり、
現実的には、地産都消という考え、
つまり大都市圏での消費拡大が必要なんですよね。
難しい問題ではありますが。。。

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック