国産杉Jパネル落込み工法の住まい

画像

企画・設計・施工のポイントの解説はこちらの実例から。

・国吉田物語建設プロセス
http://atelier-m-architects.at.webry.info/201312/article_2.html
画像


・池田山物語建設プロセス
http://atelier-m-architects.at.webry.info/201404/article_2.html
画像


・『木香の家』モデルハウス
広島・呉の大之木ダイモ 商品企画住宅
http://daimo.jp/kinoie/modelhouse/4960/
画像


全国に三工場(静岡県,鳥取県,徳島県)しかない
国産材三層クロスパネルの生産工場。
・丸天星工業(静岡県)
http://marutenboshi.com
・鳥取CLT 旧レングス(鳥取県)
https://www.tottoriclt.co.jp

このJパネルを柱の間に落とし込むことで、
粘り強い耐力壁を構成できて、
かつ、それを内部の仕上げとして活用できる、落とし込み工法。

このJパネルを、床や屋根に使用することで、
杉材によるモノコック構造(面接合)となります。

構造計算上では、耐力壁の壁倍率2.5ですが、
すでに、公的機関の実物大試験で、
3.2~3.6倍の耐力が確認されています。

http://www.length.or.jp/pdf/j-manual.pdf
画像


また、丸天星工業さんのJPウォールは4.6倍の認定品です。
http://marutenboshi.com/jpwall.html

さらに、柱・梁にも国産杉材を活用することにより、
30坪の住まいで、20m2以上の地域材を活用できて、
家全体が呼吸する、優しい生活空間を創り出します。

単に、国産材を使用した在来工法というだけではなく、
その粘り強い構造上の特徴を、内装材として活かせるという、
構造材と仕上げ材がセットで創り出せることも魅力です。

余談ながら、各国産材助成制度なども
最高ランクを難なくクリアします。

『木香の家』の概要説明はこちらから。
http://atelier-m-architects.at.webry.info/201707/article_2.html
画像

画像

画像


さだまさしの詩島
画像

さだまさしの詩島と静岡県産杉材Jパネル。
https://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_3.html
さだまさしの詩島とJパネル家具製作
https://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_4.html
さだまさしの詩島と母屋棟屋・ひかり井戸断熱開口部
https://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_7.html
さだまさしの詩島と銅板加工照明器具再生
https://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_11.html
画像


人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック