モイスの呼吸する壁・天井とJパネル無垢板壁による室内環境

DSC00057.jpg
鉄筋コンクリート造躯体の中に木軸の住まいを創り出す
スケルトンインフィルでのリフォーム。

その構造躯体兼仕上壁は杉120角の柱・桁と
静岡県産杉材Jパネルによる落とし込み工法で造られていますが、
旧水回りのコンクリート壁で囲まれた狭い部分には不向き。
その部分の壁材として、断熱性能と共に調湿・消臭性能に加えて
耐火・リサイクル性を併せ持つ素材として採用されたモイス。
三菱商事建材とアイカ工業
http://www.aica.co.jp/products/moiss/naisou/
IMG_8721.jpg

壁には、ポリスチレンフォーム厚20二重張りと木軸の上に
厚9.5mmのモイスが素地仕上げとして使用されており、
水回りには、これにモイスコートを塗布しています。
RC壁断熱材 (1).jpg
DSC00052.jpg

天井材には厚6mmのモイスを素地仕上げ、
その上に高性能グラスウール断熱材厚100を敷き込み、
杉無垢壁板のJパネルと遜色のない調湿・消臭性能の
空間ができあがっています。
DSC00047.jpg

このモイスの優れているところは、上述した調整・消臭・耐火性
に加えてあるリサイクル性。
現場で発生した端材を砕いて、調湿袋に入れ、
床下と天井裏に置いてありますが、これが調湿材となります。
また、さらに砕いて粉末状になったものは、
玄関脇の花壇の中に撒いて、保湿剤の役割を果たしています。
DSC00023.jpg

このように、すべての素材を余すこと無く現場で処理することができるため
一旦納入したものを産廃として搬出することがないため、
特に、島担当でもある私の離島物件には非常に
不可欠な建材として、大活躍しています。

大改造!! 劇的ビフォーアフターさだまさしの詩島・Special Thanks!
長崎・詩島
https://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_1.html
149113491833345416179.jpg

大改造!!劇的ビフォーアフター宮里家・Special Thanks!
沖縄・波照間島
ttps://atelier-m-architects.at.webry.info/201603/article_1.html
145725280184085001177.jpg

大改造!!劇的ビフォーアフター廣江家・Special Thanks!
東京・八丈島
https://atelier-m-architects.at.webry.info/201207/article_14.html
https://atelier-m-architects.at.webry.info/201208/article_2.html
134385425935713116269.jpg

もう一つは、木軸の外壁下地に使用した不燃耐力面材モイスTM
http://www.aica.co.jp/products/moiss/tm/

こちらは、構造用合板と同等の壁倍率がありながら、
不燃材であるため、非常に使い勝手が良い構造用面材です。
通常の外壁材に金属板を張ろうとすると、
構造用合板の場合は、別途石膏ボードを張る必要がありますが、
不燃材であるモイスTMでは、その必要がありません。
外壁モイスTM.jpg

また、高い調湿性で壁内結露を軽減し、
無機質素材のためシロアリ被害も軽減します。
TANITA ZiG(金属板外壁材)とモイスTMの組み合わせ
https://atelier-m-architects.at.webry.info/201311/article_1.html
138357608105181745227.jpg
DSC07168.jpg

こうしたモイス・モイスTMを活用することで、
杉Jパネル無垢板壁と同等の室内環境を創り出すことができます。
DSC00081.jpg

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
0

この記事へのコメント