Mac0S10.15 CatalinaとVectorworks2020とCanonプリンタ群

DUVD0624.jpeg
もう毎年恒例のMacOSバージョンアップはやめてほしい。。。
ここ数年思い続けていることです。
https://atelier-m-architects.at.webry.info/201801/article_10.html

いつからこんな風になってしまったんでしょうか。。。
まぁ、MacOSがそれをやるから、
各ソフトはそれに対応せざるを得ない訳ですが、
ユーザーにとっては、大きな問題。
それが業務ソフトに絡むとなると、
そのタイミングは、ことのほか難しい。

例年では、10月前後にMacOSのバージョンアップ、
Vectorworksは、1月にバージョンアップ
その間で、Canonプリンタドライバがサイレント対応・苦笑。
年末にこれらをおこなうことは不可能ですし、
1月にVectorworksが対応しても、
おいそれとはそのタイミングがないし。。。

FPNM2269.jpeg

と言っていると、いつまで経ってもできないので、
打ち合わせの合間のタイミングで、
iMac27”5KとMacbookAir13”2012の業務機の
MacOSを10.15Catalina(カタリア)へバージョンアップ。
今回のバージョンアップからすべてのソフトは64ビットへ
移行するので32ビットアプリが動かなくなる。。。
もうそんな古いソフトは使っていないので影響はないですが、
それより魅力的なのが、iPadをサブモニターとして
使えるSidecar機能。
iPadmini5は対応しますが、
肝心のMacbookAirは2018以降対応・・・
私の2012ではダメ(;゚ロ゚)
もうバッテリーがへたっているので、そろそろ買い替え時か。。。

RAFN9371.jpeg

あとiTunesがミュージック、アップルTV、ポッドキャストの
3つのソフトに分かれたのですが、これが少々めんどい。
さらにiPhoneをバックアップするときに、
えっ、それどこ?という感じで別画面が開くし、
バックアップ中のタスクが出なくなって分かりにくい。。。

プリンタ.jpeg

話はそれましたが、問題は生命線の出力機
Canon大判プリンタ、レーザープリンタ、PRO100S
ですが、やっぱり出ました不具合が。。。
レーザープリンタとPRO100Sは問題ありませんが、
CAD出力に必要なCanon大判プリンタiPF610Plausで、
A2/A1ロール出力は問題ないのですが、
カセット出力が選択できない。。。
A3カラー図面を出力する際には、
写真画質のPRO100Sは必要ないので、
もっぱら大判プリンタのカセットにA3用紙をいれて。。。

この不具合が一番不便・・・ということで、
来週にキャノンサポートさんにお世話になりますm(__)m


人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント