ポツンと一軒家・大改造!! 劇的ビフォーアフター佐藤家・Special Thanks!

外観BA.jpeg

今回で物件13軒目、放映16回目の出演となりました。
今や日曜日の同時間帯の最高視聴率を記録し続け、
大河ドラマやイッテQ!を凌駕する『ポツンと一軒家』
今回は、朝日放送がお送りする
『ポツンと一軒家』と『大改造!! 劇的ビフォーアフター』
という人気番組の初コラボということでしたが、
皆さん、お楽しみいただけましたでしょうか?

静岡のオクシズ愛満載の佐藤家概要は番組HPこちらから。

https://www.asahi.co.jp/beforeafter/d00190obrtk.html

昨年放映されたポツンと一軒家での佐藤家を観て、
最後に佐藤さんが、この古民家をこれからボチボチ
みんなでリフォームしていこうと思っています。。。
という最後のシーンで番組が終わって、
あぁ〜、こんなポツンと一軒家のような場所で
リフォームするのは大変だろうなぁ
・・・と、この時点ではまったくの他人事・苦笑。

それをビフォーアフターで引き継いでやるということになり、
静岡市内ですからね・・・松永さん…と…(;゚ロ゚)(;゚ロ゚)

玄関土間BA.jpeg

静岡に居を移してから25年。
子どもたちが小さい頃、あの辺りの藁科川では、
BBQや川遊びをしていたところなので懐かしい。

ここ数年では、オクシズという地域として
静岡県産材や地域資産として有名となり、
山間の民家の縁側でお茶を振る舞い、
地域の話を聞く『縁側カフェ』が
若い人にも人気のエリアとなりつつあります。
https://womo.jp/column/detail/16611/

いわゆるインスタ映えのする・・・
しかし、ここを訪れた若者の、
そんな言葉で片付けたくない感動があります・・・
は、良い表現でしたね。

板の間上がり口BA.jpeg

今回は、住まいではなくお茶を振る舞う場所として再生。
とはいえ、変わらず厳しい工期と予算の中で
設計と施工おこなうには、かなりハードルが高い。

そんな中で今回の佐藤家のストック材の多さと
品質には驚かされました。
元々山奥の地域では、その山の木を切り、
それを地域の人々が協力して建設し、
ストック材を用意しておくことが多いようです。
ストック材.jpeg

今回は、それを最大限利用させていただき、
また木材の廃材は、佐藤家の薪ストックとして、
搬出する必要がありませんでしたので、
コスト的時間的には大いに助かりました。

さらに、ちょうど私が設計していた蔵改修屋根の銅板、
これは下地をやり替えるために撤去予定でしたが、
建て主さんのご厚意により
提供していただくことができたので、それを素材として再利用。

1蔵銅板.jpeg

そして、その加工と施工には、
私が非常勤講師をしております
静岡産業技術専門学校の建築学科1年生の有志の皆さんが
大勢参加してくれて、
寒い季節の中、集中心ながら、楽しみながら、
作業を手伝ってくれて、本当に助かりました。

2銅板加工.jpeg

とはいえ、場所はポツンと一軒家。。。
最後の急勾配の隘路は4躯軽トラックしか上れない700m…
施工者関係者の方々の負担も、相当なものとなり、
片側が崖のあの急な隘路坂道を
施工中は何十往復もしました。。。
工事中の事故もなくやり終えてホッとしております。

この番組で紹介された工事費でおこなうためには、
テレビならでは、様々な関係者のご協力があればこそ。
今回は、以下の方々の誠心誠意なるご協力のお陰で
無事、佐藤家を蘇らせることができました。

勝手土間収納BA.jpeg

また今回の古民家では、大工さんの仕事と同様に
多くの建具や床壁柱梁の清掃作業がありました。

これらの作業には、多くの静鉄ホームズの皆さんに
参加していただき、感謝に堪えません。
静鉄ホームズ社内で現場を観たいという人を募って、
ポツンと一軒家まで、せっかく来てもらうのだから、
観るだけではなく、皆さんのお掃除痕跡を残しませんか??
・・・と、社内告知があったとか、なかったとか・苦笑。

本当に、昔ながらの風合いそのままに、
仕上げていただき、ありがとうございました!!

さらに、今回のアフターの飾り付けには、
番組側ではなくて、
静鉄ホームズのインテリアスタッフの皆さんに
ご参加していただきました。
古民家の佇まいにピッタリの素朴な雰囲気の
インテリアに仕上げていただき、感謝です。

囲炉裏端BA.jpeg

この場をお借りしまして、
あらためまして、ご尽力いただきました
多くの皆さまに御礼申し上げます。
皆さん、どうもありがとうございました。

・静鉄ホームズ
/下田隆社長、浦野秀人監督、石垣幸弘監督
 松浦浩之、山内亨吾、飯塚正幹、三橋隼人、村田宏暁、太田純
・静鉄ホームズインテリア
/福村和巳、奥川清香、兼髙照実
https://www.shizutetsu-homes.co.jp

・大井川フレイミングセンター
/津軽太、向山健一、法月貴広、笠井正光、伊東幹征、久保山富
https://www.shizutetsu-homes.co.jp/co-flaming/

・杉武工務店/杉山義武
・城間建築/城間和弘
・村松建築/村松和成
・石川建築/石川洋介
・住まい工房/水流重己
・岩崎建築/岩崎敏行
・アズマ板金/小林正輝、増田直之、朝比奈祥晃
・宮城設備/伏見大輔、西田喜夫、堀貴久哉
・和興電機/山本恭敬、杉山泰大
・高村建具/高村正雄
・ヤマグチ建装/山口博史、寺田直之、望月貴仁
・中部メンテナンス/齋藤雅仁、望月翔
・鈴木塗装/宮崎武幸
・新海畳店/新海亘広、新海孝高 
・IDEAL FOUR/松下江津子
・せいび/千葉勝、杉本亜紀子、大橋直理
・こまらんクラフト/山田清行・・・バイオトイレ
https://www.comaran.com

板の間1BA.jpeg

・酒井家/蔵改修銅板屋根とインテリア小物へのご提供
・静岡産業技術専門学校
/坂部眞彦校長先生、建築科1年生有志の皆さん
https://www.sangi.ac.jp

校長先生に課外授業の一環として認めていただき、
学校での銅板たたき加工作業場所を提供していただきました。
学生有志の皆さんには、
それを現場で取り付ける作業の他に、
塗装作業や障子剥がし張り替え作業など、
寒い現場の中で、一生懸命に作業を手伝っていただき、
本当に、ありがとうございました。

足湯棟BA.jpeg

そして忘れてはならない、番組の制作担当者の方々。
今回も大変、お世話になりました。
どうもありがとうございました。

・髙橋章良総合演出
・植田貴之朝日放送プロデューサー
・青山速己社長兼プロデューサー
・古賀謙一プロデューサー
・加藤翔輝ディレクター(ポツンと一軒家担当D)
・沖津一洋アシスタントプロデューサー
 兼カメラマン兼現場対応担当
・伊林雄一郎アシスタントディレクター
・菅原由輝アシスタントディレクター
・映像担当:写楽
 カメラマン/髙野清隆、岡田栄
 VE/斉藤弘一
 照明担当:藤井克則、中本智大
  
皆さん、大変ご苦労様でした。
そして、ありがとうございました!

こうして静岡愛・オクシズ愛が詰まった
ポツンと一軒家・大改造!!劇的ビフォーアフター初コラボ
佐藤家再生プロジェクト。

皆さんにも是非、訪れていただき、
佐藤家のお茶『黄金みどり』と絶景と
再生リフォームを
目と舌と身体で堪能してください!!

縁側.jpeg

※ご注意事項
4月からはお茶の収穫期に入りますので、
ご家族は一年で一番忙しい時期となります。
お申し込みのない方が、突然訪れても
見学することはできませんので、
くれぐれも、ご予約をお忘れないようにお願いいたします。


黄金の茶の間 −黄金みどり茶園 お申し込み
https://chajihen.com/contents/chanoma/ougon-chanoma/

こちらの『するが企画観光局』提供の申込フォームから
お申し込みの上、ご予約をお願いいたします。


1.上記ページが、黄金みどり茶園です。
2.その下にスクロールしていき、予約するをクリック
3.黄金の茶の間の予約カレンダーが現れますので、
●印のあるご希望の日にちで予約


もう一つの申込フォームはこちらから。
黄金に輝く山上の茶園・黄金(こがね)みどり お申し込み
https://www.ochanomachi-shizuokashi.jp/recommend/12003/

コロナウィルス感染拡大が広がりをみせて、
大都市圏への移動自粛が要請されております。
不要不急の外出は控える時期ではありますが、
地元静岡の方々には、閉塞感のある状況の中で
この絶景のオープンエアの場所が、
一服の清涼剤になればと思っております。

この戦いは長引きそうですが、
落ち着いて自重を忘れずに、
前向きに、辛抱強く、
とにかく、なんとか耐えて、打ち勝ちましょう!
必ず、また春はやってきます!!

屋根裏座敷BA.jpeg

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

平野 秀平
2020年03月29日 21:21
同じ静岡県内で感動しました。自分の実家もポツンとに似たようなところで、何とかしなければと考えています。 ご縁があればご相談したいです。

オクシズの活性化に貢献できましたね。