ブログ授業2020/ル コルビジェ「サン・ピエール教会」

155988517523451925178_152725662878004981180_146376156678258145179_143291217441661465178_133749171756313201360_130358724921416404799.jpg

ロンシャンの礼拝堂、
ラ・トゥーレットの修道院に続く、
3番目の宗教建築であるサン・ピエール教会。

建設地の軟弱地盤や建設費オーバーなどから
高さを50mから34mに変更したにもかかわらず、
基礎部分が完成しただけで頓挫し、
その後約20年間も放置されていました。

この未完の作品は、その完成予想図が
CGで再現されるなど(授業で見せましたね)
注目を集めていましたが、
地道な努力が実を結び、
2003年になってようやく建設が再開し、
2006年に完成。

155988519957538038178_152725666085218044180_146376160347229999179_143291220309867799178_133749174006213201315_130358727790116125493.jpg

東側の壁面に開けられた小さい穴は、
祭壇背面から無数の光の帯が差し込み、
西側は西日を取り入れる
緑色の四角い明り取りがあります。

塔頂部には黄色と赤の大きな明かり取りが設けられ、
それぞれが時刻に応じて、
祭壇の十字架を照らし出すという、
まさに、光の教会といえる演出がほどされております。

155988522721463358178_152725668374289760180_146376162923949755179_143291224308572627178_133749176318413200854_130358730646416331672.jpg

<連絡事項>
この建物の外部を取り巻く謎の物体と印象を、
各自のIDと共に、コメントして下さい。

1.建物屋根周囲に取り付いている帯状とアール状の物体は、
 一体なんでしょうか?

2.外観・内観の印象も交えてコメントをして下さい。

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

19番の学生
2020年05月23日 10:26
煙突のような物を作ることで中から日の光のような役割を果たすと思います。とても神秘的な建物です。
H
2020年05月23日 10:58
屋根に取りつけてある帯状のものは、雨水が緩やかに地面の決まった位置へ流れるための水路(屋根)の役割をしているのではないかと考えました。
また、勢いよく雨水が帯状のものへ落ちて溢れてしまわないようにアール状のものがあるのではないかと考えました。
外観の印象は、屋根があまり見ない形をしていてそれが建築物のだいたいをしめているので不思議に感じました。
内観の印象は、光の線が草や川のように見えてそこに合わせて反射された色が重なり、綺麗で落ち着く空間という印象を受けました。
2020年05月23日 17:51
アール状のものは雨よけ屋根のような役割もしくは、
W
2020年05月23日 18:31
アール状はあまどいの役割があると思います。外観はあえて斜面のある面を造って、雨のいきよいを抑えるためだと感じました。内観は窓などが無さそうに見えて中が明るくてすごいとと思いました。
2020年05月23日 19:02
アール状と帯状のものは穴に雨がなるべく入らないようにしたりするものだと思った。外装は、アール状のものが太陽の軌道を表わしてるのかなとも思った。中の様子は、複数の穴から漏れ出す光が星のように見えた複数の光の線は水に反射した光のように思えた。自然の中で見る光のようなので落ち着く空間なんだろうなと思った。
B2
2020年05月24日 10:55
アール状のもは小さな穴に雨水をいれないもので帯状のもは一箇所に雨水を集める役割(雨樋)をし外壁の汚れ防止や腐食防止をしていると思いました。
外壁はとても無駄のない構造で内部は光が小さな穴から入ってくるため夕方までは明るいと思いました。
q
2020年05月24日 13:17
建物の帯状のものは少し角度がついているので雨が降った際に雨水を一か所に排水するためのものじゃないかと思いました。アール状のものは室内の温度調整なども兼ねて作られているのではないかと思いました。室内から見える無数の大小の穴も通気性などを考えて作られているんじゃないかと思いました。
A2
2020年05月24日 14:03
あーる状の物でまず、雨を集めて帯状の物で雨を運ぶものだと思います。なんで、わざわざあーる状のものと帯状の物を作ったかと言うと、ただのデザインだと思います。
この教会の、外装は結構歪の形になっていて、ふたつの煙突みたいなのも謎に出ていて大きな窓がないも言う感想、内装は小さな窓がたくさんありそこから入る光がとても綺麗です。上の煙突も赤色と黄色があり、光が当たるとその色に変わるので発想がすごいとおもいました
X
2020年05月24日 15:14
アール状のものと帯状のものは両方とも雨水をながす道のような役割をしてると思いました。
外観は屋根が大きいのがとても印象的で、内観は差し込まれた光の色までこだわっていて素敵だなと思いました。外観では分からなかったけど、内観を見て光の教会と言われるのが納得でした。
d
2020年05月24日 17:32
1→帯状のものは壁から流れてきた雨水を集めて流す役割で、アール状のものは穴が空いている部分に上から流れてきた雨水がたくさん入らないようにしているのだと思いました。
2→外観はとても変わった形で驚きました。この形にした理由が気になります。また主にコンクリートで作られている理由も気になりました。あまり教会のような見た目ではないと思います。内観は写真だけだと調べてないので分かりませんがとても暗そうだなと思いました。ランダムに小さい穴が空いているのも気になりました。
D2
2020年05月24日 23:00
外観はパッと見てかなり無機質な印象を受けた。装飾らしい装飾が帯と眉毛のほかに見当たらないし、壁面も写真だとコンクリート打ちっぱなしのように見える。一転内装は壁に開けられた穴から差し込む光がまるで満点の星空のように美しい。神秘的な雰囲気となっている。
壁面に取り付けられている帯や眉毛であるが、機能的な意味はよく分からないので装飾としてどのような意味を持つか考えてみた。
例えばこの教会の外観は一つの山のようなシルエットをしているのでこの建物が山を模して造られていると考えた。そのとき帯や眉毛は頂上に向かうための山道を表しているのではないか、と。フランスに日本のように山を神秘的なものとして扱う文化があるのかはわからないが私はそのように感じた。
C2
2020年05月24日 23:12
帯状の物は雨樋の性質を持っていると思いました。それと同時に建物に陰影がついて外観の印象を深めていると思います。
内観は外からの光が差し込んでとても綺麗でした。光を装飾の一つとして上手く利用しているのがすごいと思いました。
L
2020年05月25日 18:26
建物屋根周囲に取り付いている帯状とアール状のものは雨水を1箇所に流しているのと光の穴に入るのを防いでいると思いました。内観は光が入り込んでとても綺麗に感じました。外観はあまりこのような教会のイメージがなかったので不思議に感じました。
P
2020年05月26日 07:42
帯状、アール状のものはは雨樋でアール状の方は光が差し込む穴を守るための形なのかなと思った。教会とは思えない見た目でまた教会と言ったらステンドグラスが中央にあるイメージだったのでとてもすごいデザインだなと思った。
e2
2020年05月26日 10:43
1.アール状のものは雨が降ってきた時、光が差し込む穴になるべく水が入らないようにする為に水の流れを変えるものだと思いました。
2.コンクリートで固そうなイメージの外観なのに中に入れば造られた穴のお陰で明るく神秘的なイメージに変わると思いました。コンクリートっぽい造りだからこそ光が漏れることなく穴だけから差し込み、光が引き立っているなと思いました。
R
2020年05月27日 11:14
帯状とアール状のものは光が入ってくる穴を雨などから守るためのものだと思いました。
印象は外観からは想像できない中の装飾で見た目とのギャップがすごいなと思いました。
N
2020年05月27日 12:36
外装をパッと見た時に窓のようなものは見当たらないのに中から見た時にいくつも光が差し込んでくる設計に感動しました。無機質な素材を使っているからこそそこに差し込んでくる光が更に美しく見えるのではないかと思いました。
きっと中は涼しくて今の時期心地よさそうだと思いました。冬の時期はとても寒そうだと印象で、でも温度も含めてそこに入る光や内装がその場の雰囲気を高めてくれると思います。

帯状、アーチ状の部分は穴から雨が入り込まないように雨樋の役割をしていると思います。
光を遮らないように微妙な長さの設計やアーチのデザインの仕方が素晴らしいと思いました。
あの形だからこそ無機質になりすぎず決して派手ではないのに美しさが出ていると思います。
O
2020年05月29日 09:29
建物の上、アール状のものは横に空いた穴から(光を部屋に差し込ませるもの)から、雨水などが入らないよう、避け指せる役割をさせているものだと思う。

こういったデザインは見るだけなら、素晴らしいと思うが、じっとみてしまうと、少し変なデザインだなと思ってしまう反面もある。