築200年の蔵改修物語・その4

IMG_6564.jpeg

今回は蔵の下屋屋根材のお話しです。
築200年の蔵の既存下屋屋根は、
銅板葺きで見事な緑青が吹いてして素晴らしいものでした。

当然、それを活かしたいと思いましたが、
考えておかなければならないのが樋の問題です。
現状の樋は、塩ビ製の半丸樋でしたが、
劣化が進んでいました。

IMG_4315.jpeg

加えて下屋屋根の一部に雨漏りによる腐食と
タル木や桁にも、一部腐食がみられました。
当初から、柱と方杖は入れ替える予定でしたが、
既存タル木部は一部腐食部の取り替えと
補強タル木を両側から添えて補強し、
さらに軒先を延長して雨掛かりを抑える設計としていました。

現場の進行の中で、それなら躯体を解体して
軒桁は腐食部のみ取り替えて再利用して、
タル木を新規にかけ直した方が施工も早く、
補強タル木を転用できるので、可能とのことになり、
下屋全体を再構築しています。

DSC00907.jpeg
DSC00910.jpeg

話を樋に戻します。
蔵の構造補強と外壁補修で生まれ変わる蔵の外観。
そこに既存銅板屋根が合うことは間違いありません。
しかし、そこに塩ビ製樋では
蔵全体の質感の釣り合いが取れません。
そうなると銅樋ということになりますが、
蔵本体の瓦屋根の樋も、塩ビ製から銅板樋へ
替えるとなると、
はたして樋にそこまでコストを掛ける必要があるか?
ということになります。

IMG_4848.jpeg

今回は、塩ビ製樋から私の設計スペックである、
タニタハウジングウェアのガルバリウム鋼鈑樋の
スタンダード半丸を使用します。
https://www.tanita-hw.co.jp/product/37/

しかし、ガルバリウム鋼鈑と銅板を同時使用することは、
金属イオン化傾向による電食を誘発する
可能性があるので、避けたいところです。

下屋の構造躯体の取り替えとガルバリウム鋼鈑平葺きに
ガルバリウム鋼鈑樋という組み合わせが、
全体の質感とコストのバランスが良いと判断しました。

IMG_6570.jpeg

しかし、この銅板を単に廃棄するというのは、
この上ない罪なことと感じておりましたが。。。
と、ちょうどその頃にポツンと一軒家と
大改造!!劇的ビフォーアフターの初コラボ番組で、
静岡・諸子沢の古民家リフォームをおこなっていたので、
そこに転用するお話しを建主さんにしたところ、
快く受け入れくださり、
私の教えている静岡産業技術専門学校のご協力と
建築科の学生たちに手伝ってもらって加工・取付をおこなう
というタイミングバッチリの提案をおこない、
築200年の蔵の銅板が築150年の古民家リフォームに、
若者の力で受け継がれるという物語ができあがりました。

足湯棟西外観2.jpeg

〇ポツンと一軒家・大改造!! 劇的ビフォーアフター番外編1銅板再生編
https://atelier-m-architects.at.webry.info/202004/article_1.html

〇ポツンと一軒家・大改造!! 劇的ビフォーアフター番外編2学生奮闘編
https://atelier-m-architects.at.webry.info/202004/article_3.html

こうして、銅板を無駄にすることなく、
築200年の蔵の下屋屋根も再生することができました

IMG_6567 (1).jpeg
IMG_6563.jpeg

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント