テーマ:アトリエMアーキテクツ

2021.4.21春のアップルイベント

Appleより2021.4.21春のアップルイベントのお知らせ。 https://www.apple.com/apple-events/ 今年初めてのイベントとなりますが、 A14X搭載やミニLED画面の 新型iPad Pro、iPad mini6などが噂されていますが、 何といっても私の注目はアップルSilico…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

radiko気まぐれ全国放送

Macの前に座って作業する時のBGMは、 いつも、インターネットラジオのradikoと YouTube Musicの併用です。 radikoの場合は、あまり情報は必要ないので、 音楽だけが流れるラジオNIKKEI第二のRaNiMusicが主。 洋楽気分の場合は、YouTube Musicの お気に入りのライブラリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口県山口市トピア35年振りの再会

今回の山口県長門市の油谷湾温泉ホテル楊貴館リノベーションで 何度も山口入りしておりますが、 長門市周辺地域のリサーチはおこなっておりますが、 新山口駅と現場とは車での移動ですので、 ほとんど他へ立ち寄ることがありませんでした。 今回の左官工事を一手に引き受けてくれました 山口県長門市三隅下の福田左官店福田靖氏。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都内の30年振りリフォーム

東京一色建築設計事務所時代に手掛けた二世帯住宅のお住まい。 静岡に居を移して独立してからも、 色々なメンテナンスの相談にのっておりました。 その二世帯住宅も次世代へと住まい手が移ることになり、 昨年夏頃から娘さんご夫婦のための リフォームの設計を手掛けておりましたが、 コロナ禍の中でのリモート打ち合わせが余儀なく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口県の地図は塗壁でどこまで表現できるか

今回、『油谷湾温泉ホテル楊貴館』さんが http://www.hotelyokikan.jp 第五回旅館甲子園グランプリに輝かれましたが、 全旅館連合(全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会) http://ajra.jp/ajra_2728/ そのホテルリノベーションもいよいよ大詰めで、 来月4/1(木)にグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5回旅館甲子園グランプリ・楊貴館日本酒バーディスプレイ収納棚

今回、『油谷湾温泉ホテル楊貴館』さんが http://www.hotelyokikan.jp 第五回旅館甲子園グランプリに輝かれましたが、 全旅館連合(全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会) http://ajra.jp/ajra_2728/ そのホテルリノベーション工事もいよいよ大詰めで、 来月4/1(木)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅館甲子園で油谷湾温泉ホテル楊貴館がグランプリ獲得!!

昨年からホテル楊貴館リノベーション計画に携わってきましたが その『油谷湾温泉ホテル楊貴館』さんが、 http://www.hotelyokikan.jp このほど開催されました第五回旅館甲子園の 決勝で、見事グランプリに輝かれました!!パチパチパチ👍 全旅館連合(全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

築200年の蔵改修物語・その5

蔵の建具再生も、今後の使い勝手を決める重要な要素となります。 長年の経年変化と虫食いや割れと共に、とにかく重い建具。 まず軽いガラス戸は、少しサンダー掛けをして、 一部割れたガラスを交換して、上下の調整で割と簡単。 次に重い格子板戸ですが、虫食いは多いものの、 これは削り取っていくにはその欠損も多くなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本酒への想いに触れて。。。

日常的に普段あまりお酒を飲まないのですが、 仕事の出張先ではそこそこ飲みます。 ただ現在のような状況では、 その数少ない機会も減っております。 ホテルリノベーションと計画と共に 日本酒バーの設計に携わるようになった昨年から、 酒蔵を巡ったり、造り手のこだわりや想いに触れるにつけ、 静岡での久しぶりの地鎮祭のお酒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメーション・BIM設計でおこなえる可能性

miniCAD時代はほとんど触らず、 ひたすら手書き命の時代でしたが・苦笑 独立してすべてを自分ひとりでおこないながら 設計の質を高めるには、 CADと上手く付き合って行くことが必須と思い、はや25年。 CADはもう当たり前ですが、 プロジェクトのベースとなる企画・基本の骨格は、 やはり手書きと模型ですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

設計を2DからBIMに移行してみる

もう二年ばかり前からになりますが、 設計環境をこれまでの2D設計からBIMに移行してみました。 温故知新・旧宅から受け継ぐ住まいとBIM https://atelier-m-architects.at.webry.info/201903/article_1.html 設計の業務機環境を8年振りにバージョンアップし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

築200年の蔵改修物語・その4

今回は蔵の下屋屋根材のお話しです。 築200年の蔵の既存下屋屋根は、 銅板葺きで見事な緑青が吹いてして素晴らしいものでした。 当然、それを活かしたいと思いましたが、 考えておかなければならないのが樋の問題です。 現状の樋は、塩ビ製の半丸樋でしたが、 劣化が進んでいました。 加えて下屋屋根の一部に雨漏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

築200年の蔵改修物語・その3

今回の改修の肝となっているのは、 構造補強と共に外壁の漆喰壁の改修です。 漆喰壁の改修は非常に難しい面があります。 まず表面の漆喰を補修する前に、 その下地となっている土壁が脆くなっているので、 そのまま表面だけを補修しても、 台風などで剥離する場合があります。 この蔵も三年前の台風が静岡を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Apple Silicon「M1」MacとHIROSHIMA

2020年11月11日のぞろ目の日、 ここ2ヶ月で三回目となるアップルイベントは スティーブジョブズの名セリフ 『One More Thing』と題したMacの大転換。 私の業務機は、もう30年来 Macintoshが支えてくれていますが 1994年から2年間のPowerPCからIntelへの大転換。 そして今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

設計ツールとしてのCAD活用について・前振り

東京の一色建築設計事務所時代は、 携帯もワープロも無い手書きの世代、 やがて事務所にMacが導入されて、 一部のコアメンバーが、ワープロによるデータ管理を主導。 そのうちに、mini cadという現在のVectorworksの前身が やってきましたが、当時はまだまだ模索の時代でした。 当時のMacintoshⅡf…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2020.3.29波照間島の古民家リフォームを楽しむために

3.29のメインイベントは、 もちろん朝日放送がお送りする 『ポツンと一軒家』と『大改造!! 劇的ビフォーアフター』 という二大人気番組の初コラボ。 ポツンと一軒家を大改造!! 劇的ビフォーアフターする! ・・・・ではありますが・・・・ 3月29日・日曜日、その日の朝 朝日放送系列・地上波の朝10時〜12時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020.3.4スタジオ収録無事終了

11ヶ月振りに訪れたTMC東京メディアシティ。 い、一年経ってない。。。(;゚ロ゚) 所さんや〇さん、〇〇〇さん、 番組アテンダントの江口ともみさんとご一緒に♫ 今回は、新型コロナウィルス感染拡大に伴い、 施工関係者の参加自粛があり、 もちろん、スタッフ・カメラマン・照明・音声 大道具・放送局関係者と大勢います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログ授業2019/ル コルビジェ「サン・ピエール教会」

ロンシャンの礼拝堂、 ラ・トゥーレットの修道院に続く、 3番目の宗教建築であるサン・ピエール教会。 建設地の軟弱地盤や建設費オーバーなどから 高さを50mから34mに変更したにもかかわらず、 基礎部分が完成しただけで頓挫し、 その後約20年間も放置されていました。 この未完の作品は、その完成予想図が CG…
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more

リフォームでJパネルの住まいを設計するということ

今回の住まいは鉄筋コンクリート造躯体と無断熱。 断熱性能を上げて、木軸で内装を創り出すことは、 スケルトンインフィルでのリフォームが前提となりますが、 問題は、それをどういった手法で創り出すかがポイント。 鉄筋コンクリート造躯体の断熱性能を上げるためには、 直接躯体に断熱材を貼り付ける手法が一般的ですが、 これだと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大改造!! 劇的ビフォーアフター渡辺家・Special Thanks!

今回で物件12軒目、放映15回目の出演となりました、 平成最後のビフォーアフター、いかがでしたでしょうか? 番組HP渡辺家概要はこちらから。 https://www.asahi.co.jp/beforeafter/d00189nmkwr.html ここ6年の間は東京・八丈島、沖縄・久米島、 日本最南端・波照間島、長…
トラックバック:0
コメント:44

続きを読むread more

国産杉Jパネル落込み工法の住まい

企画・設計・施工のポイントの解説はこちらの実例から。 ・国吉田物語建設プロセス http://atelier-m-architects.at.webry.info/201312/article_2.html ・池田山物語建設プロセス http://atelier-m-architects.at.webry.inf…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山を楽しむ別荘・海を楽しむ別荘

伊豆の森の中に囲まれて、森の中に住まうだけではなく、 5mの巨大な水槽で淡水魚や水生生物を成育させて、 予備の水槽まで増設して、別荘からの斜面に小径を造り、 そこには、畑まで造って野菜づくり。 存分に森の中の生活を満喫する別荘。 沖縄の海岸沿いに建ち、 そこはまるでプラベートビーチ。 堀座卓の和室広間とバーベキューデッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大型住宅の住まい感

面積が大きい、いわゆる広い住まいでは、 一見すると色々な要望をかなえられそうですが、 そこには住まい手それぞれのこだわりの部分が多くあり、 ただ単に大きい住まいということはあり得ません。 私のアトリエでも、よく聞く話ですが、 ハウスメーカーでは、40坪の住まいのそれぞれの居室が 大きくなっただけの70坪の住まいといった風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

延べ面積100m2の住まい

延べ面積100m2以下の住まいでも、 さまざまな工夫次第で、4人家族のための 狭さを感じない広がりある生活環境が実現できます。 空間の豊かさと家族の気配を感じる住まい、 そんな住まいがここにあります。 それぞれのリンクから住まいごとに写真と解説をご覧いただき、 皆さんの住まいの参考になれば幸いです。 ・広島・呉 木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成最後の大改造!!劇的ビフォーアフター放映

いよいよ、今月で平成の世の終わり..... そして世の中、10連休に突入。。。 そんな色々な意味で、節目の4月末となりますが、 その平成最後の日曜日に、 久しぶりの大改造!!劇的ビフォーアフター放映決定! ・4/28(日) 春の2hスペシャル ・朝日放送 18:56~20:54 ・魔裟斗さん渚さんのビフォーアフ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

温故知新・旧宅から受け継ぐ住まいとBIM

既存の平屋や増築された2階建ての木造家屋は、 先々代から受け継がれてきた住まい。 そこに使われている木材は、今では入手できても、 破格の費用が必要なものも多い。 しかしながら、こうした昔の住まいは無断熱、 もしくは低気密の住まいであり、 年を重ねた年代には、ヒートショックの危険性もあり、 改修も必要となります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡マラソン2019初挑戦初制覇。

もう10年以上体力維持のためにランニングしています。 まだ駿府マラソンだった頃は、ハーフに挑戦しましたが、 静岡マラソンになってから、ハーフが無くなりフルのみ。 これはなかなかハードルが高いなぁと、 昨年、久しぶりにファンラン11kmを走りましたが、 やはり物足りない。。。苦笑 そこで、この一年100km/月のランニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Jパネルによる住まいリフォーム

昨年末辺りから怒濤の年末年始。。。 雑誌や住まいプレゼンと平行して進めておりました Jパネルを住まいのリフォームに活用する設計。 以前企業の保養所リノベーションに活用したのは JパネルをNCルーター加工したスリットバージョン。 静岡県産杉材Jパネルスリットという加工品。 https://atelier-m-a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019迎春

迎春。 今年もアトリエから心地よい住環境を 創造していきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします。 人気blogランキングに参加しています。 ↑よろしければ、クリックをお願いいたします。  ・・・どうも、ありがとうございました。 にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年のランニング記録。

今年は還暦・年男 ・・・人生まだまだこれからというためには、 やはり健康な身体が基本。 そして立てた目標は、月間100km、年間1,200kmを走る。 静岡マラソン2019のフルマラソン挑戦の地足を鍛えること。 そして、昨日のハーフ走り納めで合計してみると… 1月 :102.4km 9ラン 2月 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more