テーマ:リフォーム

10/11静岡コンサート・さだまさしさんとの再会

※写真については、掲載許可をいただいております。 昨日の静岡市民文化会館でのさだまさしコンサート。 詩島でのビフォーアフター撮影以来、 半年ぶりの再会を果たすことができました。 コンサート前に、楽屋訪問してしばし歓談。 持参した映画長江DVDと詩島唄CD、 これが、私とさださんとの出逢いのビフォーアフターですと・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個性が活きる住まいづくり

本日6/3(土)、静岡市内の一部地域限定となりますが、 アトリエMアーキテクツの住まい紹介が配布されます。 これらの住まい見学をご希望の方は、下記までご連絡ください。 一級建築士事務所アトリエMアーキテクツ 代表 松永 務 〒422-8005 静岡市駿河区池田626-2  TEL 054(208)2650 FAX 05…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡版・個性が活きる住まいづくり

本日6/3(土)、静岡市内の一部地域限定となりますが、 アトリエMアーキテクツの住まい紹介が配布されます。 これらの住まい見学をご希望の方は、下記までご連絡ください。 一級建築士事務所アトリエMアーキテクツ 代表 松永 務 〒422-8005 静岡市駿河区池田626-2  TEL 054(208)2650 FAX 05…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さだまさし『惠百福たくさんのしあわせ』9.6リリース

さだまさしさんのニューアルバムが本日リリース。 タイトルは、『惠百福たくさんのしあわせ』 今回のアルバムは、最初から曲順を決めておられたとのこと。 朝日放送の大改造!!劇的ビフォーアフターで、 さだまさしさんの長崎にある個人所有の詩島で、 島丸ごとリフォームを担当させていただきましたが、 設計施工に約一年を掛けた四度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さだまさしの詩島と焼杉の外壁

焼杉はその名の通り、杉の表面を焼いて炭化層を創り、 杉材の耐久性を増すという古来からの手法です。 杉板三枚を三角形に組んで番線で留めて、 起こした火の上にかざすと、 やがて煙突効果で上まで火が上がって、 上部から煙と共に勢いよく炎が吹き出します。 その状態になって、火から離して、 横に倒して、番線を外して内側の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さだまさしの詩島と35年もの再生キッチン

さだまさしさんの詩島再生計画が完成して4ヶ月。 http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_12.html 相変わらずコンサート、NHK生さだ、そして曲作りと 多忙な日々をお過ごしのさだまさしさん。 折に触れてその後の詩島の様子をご報告したり、 メン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014年SBSリフォームセミナー限定映像

静岡、藤枝、焼津にありますSBSリフォームプラザ。 ここは、静岡新聞社・静岡放送系列として、 住宅展示場とは違って、リフォーム情報と リフォーム会社や建材メーカーとの接点をユーザーに提供する リフォームに特化した展示館です。 http://www.sbs-reform.com/ 三年前、ここの主催でおこなわれたリフォ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子ども室増築とルーフバルコニーデッキの小径

アトリエ上部の吹き抜けに個室を増設。 俗に、籠もり部屋と称しますが・苦笑、 下部が仕事部屋なので監視付きか・・・。 ところが、アトリエからの非常用の扉はあるものの、 主たる出入り口は、母屋からサッシを開けて、 ルーフバルコニー、つまり一旦外に出て個室に入る。 もともと、アトリエ上部からの出入り口として、 扉を設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡版・個性が活きる住まいづくり

本日6/3(土)、静岡市内の一部地域限定となりますが、 アトリエMアーキテクツの住まい紹介が配布されます。 これらの住まい見学をご希望の方は、下記までご連絡ください。 一級建築士事務所アトリエMアーキテクツ 代表 松永 務 〒422-8005 静岡市駿河区池田626-2  TEL 054(208)2650 FAX 05…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

階段上部の半透明クロゼット

            Before After 階段室上部の空間は、使い方次第で 様々な収納として使用できることは、 これまでもいつくかの実例で説明をしました。 ・階段上部空間の活用事例1・作業カウンター http://atelier-m-architects.at.webry.in…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

22年後のリフォーム・オープンキッチン完成

30年前、企画・設計・現場監理を初めて全てを担当したは、 私の原点となる住まい。 完成後も、ご家族を含めてお付き合いをさせていただきましたが、 かつての二世帯住宅からこれからのご夫婦のための 有効スペースへの転換として考えられたリフォームです。 私の22年前の設計による住まいに、 新たな機能が付加されて、再び蘇りまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

階段収納をもっと有効に使い込む・その2

階段が収納だけじゃもったいない。 では、食事コーナーに することはできないものか・・・、 とチャレンジしましたのが、 こちらの建坪9坪リフォーム。 あっ、番組じゃないですよ・苦笑。 もとは、6畳の和室と押入1畳の7畳空間。 全体計画から、ここが広間と階段スペース。 階段で2畳は取られてしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

階段収納をもっと有効に使い込む・その1

限られた空間を有効に使わなければならないリフォームでは、 この階段を階段のみとして使用するのではもったいない。 そこで、有効な収納空間の一部として取り入れる事例。 階段下を収納として使い込む場合には、 ササラという階段を支える斜めの梁を通して創るという 普通の製作方法では、十分に使い込むことはできません。 シナラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さだまさしの詩島と設計施工フォローアップ

いつも番組が終わると、施工・建材関係者への感謝を込めて、 Special Thanksと共に番組で紹介できなかった仕事の 設計意図、施工ポイントやディテールなどを 紹介するフォローアップ記事をアップします。 ひとまず、大枠はご紹介できたかなと思います。 このように、工事に携わった様々な人々の想いが、 詰まって、番組が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さだまさしの詩島と銅板加工照明器具再生

ログハウスの広間にぶら下がっていたペンダント。 重量感たっぷりで、製作ものの手の込んだ銅製のランプが 1mほどの木材の両側に3個ずつ合計6個が、 暖炉上部とキッチン上部、2箇所にありました。 ログハウスに負けないような存在感でしたが、 逆にそれが災いして、あの空間には重たすぎる印象でした。 棟屋からの光を白い螺旋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さだまさしの詩島と詩島式鉄骨螺旋階段

母屋の棟屋はひかり井戸として、 棟屋四周の開口部から光を広間へ導き、 同時に、風も上部へ抜けていきます。 http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_7.html 柱芯々1500mm角の中に入る螺旋階段の大きさ、 ここはギリギリ大きく取っても1370…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さだまさしの詩島よりさくら便り

もう4月も半ばだというのに、 冷たい雨が多くセーターやコートが必要だったり、 桜もなかなか満開のタイミングが難しそうで、 この雨で、はや散っていくという様子です。 しかし、今日からは暖かくなる予報ですが、 静岡は、昨日より10℃高い、いきなりの20.4℃予想。 そんな中、詩島より見晴らしデッキ周囲の桜開花便り…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

さだまさしの詩島とJパネル家具製作

静岡県産杉材Jパネルの進化版JPウォールは厚30、 これはJパネルの厚36より軽く施工性が上がっています。 それと同時に、家具用Jパネルの厚30と同じ厚みとなるため、 どちらかの材料に欠品ができても、転用が可能です。 家具用といっても、床倍率のような水平構面では 構造用Jパネルと何ら性能は変わりませんし、 また、JP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さだまさしの詩島と静岡県産杉材Jパネル。

母屋棟/ログハウス、管理棟・浴室棟/在来木造 バンガロー棟/鉄骨架台+在来木造。 異なる構造体が混在する施設群をどのように再生するか。 また、どのような仕上げ材を考えるべきか。 最初に番組側と議論をしたのは、やはりバンガロー棟。 これを再生するには、あのボロボロの基礎と鉄骨を 補修するのは不可能なので、 もう一度造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大改造!! 劇的ビフォーアフターさだまさしの詩島・Special Thanks!

今回で物件11軒目、放映14回目の出演となりました。 気がつけば最多出演となりましたが、 ここ数年は東京・八丈島、沖縄・久米島、 日本最南端・波照間島と続いた島リフォーム編。 沖縄本島、石垣島、西表島、竹富島などでもロケをおこない、 さすがに、もうどんな島でも驚かないと思っておりましたが、 ついに無人島...究極の離…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さだまさしの詩島・スタジオ収録。

さだまさしさんのオフィシャルブログ『まっさん旅日記・アメブロ編』で、 詩島のビフォーアフターについて、番宣も兼ねて 書いていただきました。 こちらこそ、お世話になりありがとうございました。 チーム詩島、バンザイ\(^O^)/ http://ameblo.jp/sada-masashi-official/entry-12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大改造!!劇的ビフォーアフターさだまさしの詩島・動画告知開始

いよいよ動画告知も開始されました。 http://www.asahi.co.jp/beforeafter/index.html 私はまだ、詩島にて追撮中・・・長崎五日目。 果たして、その結末は。。。 どうぞ、ご期待ください。 大改造!!劇的ビフォーアフター 春の特番2hスペシャル『さだまさしの詩島』放映。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017大改造!!劇的ビフォーアフター特番・さだまさし詩島編。

昨年11月で番組が終了してしまいました大改造!!劇的ビフォーアフター。 私が担当した10軒、13回出演の記憶を 備忘録として寄稿させていただきました。 http://atelier-m-architects.at.webry.info/201701/article_2.html ただ、この時すでに今回の特番物件の工事真っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島・誕生日。

島は、過酷な仕事場ですが、 思わぬ発見があったり、出会いがあったり。 島ならでは・・・というと、 やはりサプライズ誕生日でしょうか。。。 皆さん、どうもありがとうございます。 人気blogランキングに参加しています。 ↑よろしければ、クリックをお願いいたします。  ・・・どうも、ありがとうございました。 に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017長崎ランタンフェスティバル

長崎新地中華街の春節のお祭りが 長崎市内7箇所の会場を使っての地域のお祭りに 拡大して定着したという長崎ランタンフェスティバル。 http://www.at-nagasaki.jp/festival/lantern/ 旧正月の1月27日~2月11日15日間、 長崎市内は、中国ランタン(提灯)やランタンオブジェで 色鮮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラウンジには人が集まる仕掛けをJパネルで。

ラウンジは、訪れた人が待ち合わせに使ったり、 ちょっとした時間に立ち寄ったり。 時間調整的な使用が多いところですが、 ラウンジという名とソファがあるだけではもったいない。 ひとが何気に、ふらっと立ち寄るためには、 そこに立ち寄ってみたい雰囲気が大事。 ひとを誘い込む中心と適度な囲まれ感、 温かみのある素材構成な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡県産杉材Jパネルスリットという加工品。

Jパネルという名称で知られる国産杉材による 構造用3層クロスパネル。 私もこのJパネルを柱の間に落とし込んだり、 床梁の間や野地に使用した落とし込み工法による 住宅を設計しております。 ちなみに、全国に三工場(静岡県,鳥取県,徳島県)の 生産工場があますが、 私は地域柄、静岡の丸天星工業を利用しております。 ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大改造!!劇的ビフォーアフターシーズンⅡ終了に寄せて。

昨年寄稿するべきでしたが。。。 昨年2016年11月27日(日)の放送をもって、 大改造!!劇的ビフォーアフターシーズンⅡが終了しました。 番組関係者の皆さん、シーズンⅠ・Ⅱを通じての14年間、 本当にお疲れ様でした&ご苦労様でした。 物件数307軒・・・これをリアルにリフォームして、 世の中の建て主へ届けたことを思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富山・高岡講演会のおしらせ

・日時:6/12(日) ・場所:ホテルニューオータニ高岡 ・時間:14:00~15:20 受付13:00~ ・主催:北日本新聞社 共催:石友ホーム(株) ・申し込みお問い合わせ: 〒933-0911 富山県高岡市あわら町13-50 北日本新聞 高岡支社営業部 「北日本新聞住まいリノベーション講座」係 TEL 0766…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琉球赤瓦屋根施工プロセス8・S型赤瓦の隅鬼瓦と起こし屋根

今回の宮里家のリフォームの発端となった赤瓦屋根の雨漏り。 「雨も土も降る家」 http://asahi.co.jp/beforeafter/d00170dlfa.html 一段目のし瓦、二段目雄瓦が埋め込まれて創り出される隅棟瓦。 その先端に取り付くのが、隅鬼瓦。 これの取り付けは、一段目のし瓦の段階で、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more