築200年の蔵改修物語・その4

今回は蔵の下屋屋根材のお話しです。 築200年の蔵の既存下屋屋根は、 銅板葺きで見事な緑青が吹いてして素晴らしいものでした。 当然、それを活かしたいと思いましたが、 考えておかなければならないのが樋の問題です。 現状の樋は、塩ビ製の半丸樋でしたが、 劣化が進んでいました。 加えて下屋屋根の一部に雨漏…
コメント:0

続きを読むread more

築200年の蔵改修物語・その3

今回の改修の肝となっているのは、 構造補強と共に外壁の漆喰壁の改修です。 漆喰壁の改修は非常に難しい面があります。 まず表面の漆喰を補修する前に、 その下地となっている土壁が脆くなっているので、 そのまま表面だけを補修しても、 台風などで剥離する場合があります。 この蔵も三年前の台風が静岡を…
コメント:0

続きを読むread more

2021謹賀新年

今年もアトリエから心地よい住環境を創造していきたいと思います。 人気blogランキングに参加しています。 ↑よろしければ、クリックをお願いいたします。  ・・・どうも、ありがとうございました。 にほんブログ村
コメント:0

続きを読むread more

2020年ランニング記録

ここ数年は月100km目標で、 年間1300km超を走っていたのですが、 今年の夏の酷暑とコロナ禍から自粛期間があり、 その後ずるずると4ヶ月間ブランクを作ってしまい 例年の半分以下と、 すっかりペースダウンとなってしまいました(;゚ロ゚) 2019年ランニング記録。 https://atelier-m-arc…
コメント:0

続きを読むread more

築200年の蔵改修物語・その2

今回の蔵の構造補強については、 簡易的ですが、合理的な補強手法をとっています。 本来の構造補強をおこなうと、 大がかりな大規模改修となってしまい、 住まいではない、補助的な役割の蔵にとって、 現実的な選択肢ではありませんでした。 今回は屋根瓦や屋根構造は触らないで、 その荷重を新たに内側に設置する補強柱に分担さ…
コメント:0

続きを読むread more

築200年の蔵改修物語・その1

築200年の蔵2棟の改修工事に携わってからもう三年。 といっても、設計だけを続けていたわけではなくて、 敷地全体の建物の今後の建て替え計画や分割手法、 既存樹木の移植や既存建物との連携など、 様々な検討の一環でした。 足の踏み場もないほどの物が詰まった蔵を まずは現地調査をして、既存図面を作成しながら 躯体…
コメント:0

続きを読むread more

加藤みどりさんからキムラ緑子さんへ。。。

本日、今年二回目の大改造!!劇的ビフォーアフターから あの名セリフ・なんということでしょうの ナレーターが加藤みどりさんからキムラ緑子さんへ バトンタッチされます。 20年近く番組を支えてくださった加藤みどりさん、 大変お疲れ様でした。 私も番組でお世話になり、ありがとうございました。 もう80歳を超えられてい…
コメント:0

続きを読むread more

Apple Silicon「M1」MacとHIROSHIMA

2020年11月11日のぞろ目の日、 ここ2ヶ月で三回目となるアップルイベントは スティーブジョブズの名セリフ 『One More Thing』と題したMacの大転換。 私の業務機は、もう30年来 Macintoshが支えてくれていますが 1994年から2年間のPowerPCからIntelへの大転換。 そして今…
コメント:0

続きを読むread more

シャープマスク当選&到着

今年から始まった新型コロナウィルス感染拡大の中で起こった 2月からの急激なマスク不足。 あちらこちらのお店を探し廻って個数限定で、 奔走したのは、つい9ヶ月前。 今では、どこでもマスクを購入することができますが、 その時に、国産のマスク生産に いち早く取り組んだのがシャープ。 登録して抽選という流れでしたが…
コメント:0

続きを読むread more

さだまさし・静岡コンサート2020存在理由

週末は、最新アルバムのタイトルを掲げた 一年ぶりのさだまさしさん静岡コンサート2020。 コロナ禍ではありますが、 9月19日から緩和された政府発表の感染対策をとって おこなわれる演劇場内容に沿って開催。 健康シートの提出、マスク着用、検温、アルコール消毒、 もぎりは各自がおこなう、前後左右の間隔を開けた客席と …
コメント:0

続きを読むread more

アトリエ近くに野生雄鹿あらわる

昨晩の静岡ローカルニュースで、 野生の鹿が現れましたというのを偶然観ていて、 えっ、そこって私のアトリエの近くではないか。 そして現在いるのが、直ぐ傍の放水路!? どうやら夕方から近くの消防署で発見されて、 警察・消防・猟友会の人々が追跡していたらしい。 その後、どうしたことか8mの深さがある 大谷川放水路の中…
コメント:0

続きを読むread more

鬼滅の刃無限列車編・初日ゲット

専門学校の講義が終わってから行ける 時間帯で、静岡セノバシネザートへ初日に行ってきました。 ここでは、7スクリーン28回上映。。。 もう次から次へと上映案内があり、 ものすごい勢いでしたが、 お目当ては入場者特典となる 原作者描き下ろし漫画などを収録した 数量限定「鬼滅の刃 煉獄零巻」・・・だけのはずが、 新作エ…
コメント:0

続きを読むread more

まるまるバックアップ日和

静岡で独立して20年あまり。。。 一級建築士事務所アトリエMアーキテクツとしての 設計監理データやセミナーデータに加えて、 一色建築設計事務所・東京時代からの引き継ぎデータを 合わせるとその容量は1TB超え。 アップルの優れたバックアップ技術の TimeMachineのお陰で 常にデータを自動バックアップしてい…
コメント:0

続きを読むread more

2020年専門学校夏期課題・静岡建築探訪

建築は、実際にその場所に出向いて、 その空間に身を置くことで、 自分自身に眠っている様々な感覚を呼び起こさせてくれます。 敷地に足を踏み入れた瞬間から、その建築家が、 その場所の環境に込めた思いを感じとることもできます。 東京では、身近に有名建築が目白押しで、 日々、そこに身を置くことはたやすいのですが、 地方とな…
コメント:0

続きを読むread more

週末はテレワーク打ち合わせ

非常事態宣言が解除されて、日本国内の移動は解禁されたとはいえ 首都圏の新規感染者数を観ると不要不急は控えたい。 それはそれとして、プロジェクト内容や予算によっては 私の設計の関わり方が違うので、足を運ぶ場合の他に、 信頼できる施工者を決めてスケッチを元に打ち合わせをしてもらいます。 iPhoneのFaceTim…
コメント:0

続きを読むread more

2020ブログ授業・古民家リフォームで興味をもったこと

『ポツンと一軒家』と『大改造!! 劇的ビフォーアフター』 という人気番組の初コラボでおこなわれた、 古民家リフォームについて、 授業で観た映像と下記番組HPおよび 施工フォローアップ記事と 静鉄ホームズ現場スタッフブログそれぞれを観ながら、 各自が、興味を持った箇所のその理由を また、※赤印のスケッチ編については、…
コメント:1

続きを読むread more

設計ツールとしてのCAD活用について・前振り

東京の一色建築設計事務所時代は、 携帯もワープロも無い手書きの世代、 やがて事務所にMacが導入されて、 一部のコアメンバーが、ワープロによるデータ管理を主導。 そのうちに、mini cadという現在のVectorworksの前身が やってきましたが、当時はまだまだ模索の時代でした。 当時のMacintoshⅡf…
コメント:1

続きを読むread more

静岡県在住限定黄金みどり茶園・黄金の茶の間&古民家カフェ予約再開

ポツンと一軒家を匠がリフォームSP「物置になった家」 黄金の茶の間&古民家カフェが 明日6/1(月)より静岡県在住の方に限定して予約再開です!! https://chajihen.com/contents/chanoma/ougon-chanoma/ 緊急事態宣言が特定警戒5府県含む39県で解除された ことを受けて…
コメント:0

続きを読むread more

ブログ授業2020/ル コルビジェ「サン・ピエール教会」

ロンシャンの礼拝堂、 ラ・トゥーレットの修道院に続く、 3番目の宗教建築であるサン・ピエール教会。 建設地の軟弱地盤や建設費オーバーなどから 高さを50mから34mに変更したにもかかわらず、 基礎部分が完成しただけで頓挫し、 その後約20年間も放置されていました。 この未完の作品は、その完成予想図が CG…
コメント:18

続きを読むread more