三郷詣で#6:サッシ・木製建具・解体工事MTG。

画像


画像


文京区詣でにつづき、こちらもS邸も建具関係全般の
確認を建具表にておこないました。

今は、ペアガラスは標準ですが、
どこを透明にして、どこを型ガラス(不透明)にするか。
透明にして、カーテン・ブラインドで遮蔽するか、
或いは、不透明にするか。
この当たりは、各個人によって考え方がまちまち。

私は割とトイレでも透明派。
トイレは、頭から不透明とお考えの方には、
えっ・・・、って感じかも知れませんが、
何も、外から丸見えにする訳じゃありませよ。
いい木や緑が見えるのなら、
それを見ながら用足しをするのも、いいじゃありませんか?

それから、この型ガラスですが様々な種類があるのを
皆さんはご存じでしょうか。
いわゆる、便所窓のようなボコボコしたものでは
部屋の雰囲気も台無しになります。
これも、絹のような柔らかいブラスト仕様のお気に入りの
タイプを建具表であらかじめ明記して使用。

その他、全体の再確認をおこない、
確認申請業務作業へ。
また、分離発注の解体工事、柱状改良杭工事の
契約・段取りを確認。
GW前には、先行解体に着手します。

さて、恒例の食事は牛肉とピーマンの細切り炒め定食、
3種漬けもの、中華スープで8品目を制覇。

今回の計画で残す、しだれ桜が4分咲き。
水仙、スズラン、スミレが咲き乱れて
計画地は春爛漫。
それを見学に、Sさんのお友達が来られていて、
そのご主人は、プロ顔負けの写真の腕前。
色々なコンテストに入選されていて、
その写真の一部を、許可を頂きデジカメで撮影。
カワセミの貴重なショットをアルバムにてお楽しみ下さい。

またまた、よい出会いがありました。

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければクリックをお願いいたします。・・・ありがとうございまいした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック