建具考2・引き戸について。

画像


住まいの扉を考える場合、
開き戸にするか、引き戸にするか。

やはり、今後の高齢化を考えると
引き戸の方が便利と思われる方が多いのでは。
但し、それには幾つかの注意点があります。

まず、引き戸には必ず引きしろ、
つまり、扉と同等の幅の壁が必要。
これが、住まいの中では案外と難しい。
建具同士が直角に交わる壁や、収納との絡み、
また引き込み戸の場合は、その戸袋が薄い壁となるため、
そこに、スイッチやコンセントが付けられません。
これを避けることも考えておかなければなりませんね。

次に、扉の引き込み方。
引き込んだ扉がそのまま見える形状にするか、
壁の中にスッポリと入り込む形状とするか。
前者の場合は、引き手のみで対応しますが、
後者の場合、つまり壁の中に引き込む時は、
建具の小口(厚み側)に引き込んだ壁から
建具を引き出すための収納型の引き手、
よく回転引き手と呼ばれる金物を使用します。

これが割と小さめの金物ですので、
引き出しにくいという方もいらっしゃいます。
その場合は、引き込み側の壁を一部づらして対応します。
また、引き込む場合は建具を入れる際に、
枠か、扉の小口側を取り外せるようにしておき、
建具を入れる際の対応を考えなければなりません。

画像


次に、引き戸のレール。
引き戸を選択する場合に、床の段差を無くすことも重要。
私は、フラッターレールと呼ばれる
床に埋め込むタイプのレールを使用しますが、
これをフローリングの中に埋め込むために、
大工さんの力量も必要です。
あとの、調整が大変ですからね。
このあたりは、信頼のある大工さんでないとできません。

画像


そして、見た目のこだわりとしては鴨居の溝。
私は引き戸の上部の戸溝じゃくりを
L型アングルを使用してスッキリとさせています。
一般的には、扉の上部に20ミリ前後の
溝が掘ってあり、これに沿って建具が動きますが、
ここにアングルを使用することで、
その幅が4ミリ程度ですむので
鴨居の見た目がスッキリとさせることができます。

さて、あなたの考える引き戸は・・・。

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければクリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございまいした。



TREview
↑よろしければ、こちらのクリックもお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございまいした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック