住宅版エコポイント制度その1。

画像


第二次補正予算に盛り込まれる
『住宅版エコポイント』制度。
三省合同事業(経済産業省、国土交通省、環境省)1000億円。
実施時期や条件設定の情報が
まだ固まりきらない昨年12月中旬から、
刻一刻と情勢が変わる中、
先週おこなわれました国交省の講習会。

まだ、検討中ということばかりでしたが、
翌日の新聞には、未決だった詳細が報道され、
慌てて、国交省のホームページで確認。
現在進めている静岡物語2で、
この『住宅版エコポイント』を申請するために
急遽、基準適合に向けて、講習会で情報収集。

新築住宅の場合は、平成21年12月8日より
着工した住宅が対象となります。
これは実着工、つまり実際に根切り(土地の掘削)を
おこなった日ですので、確認申請上の日付ではありません。
で、誰がそれを証明するかというと、
それは、設計者なり、施工者なり、そうですと言えばいい。
・・・・・、う~ん、それでいいんだそうです。
静岡物語2は、これをクリア。

また竣工は、今国会の第二次補正予算成立後でないと、
対象外となりますので、ご注意を。
エコ住宅の新築の場合は、こんなに短期間で
完成しないのでいいでしょうが、
エコリフォームの場合は、
鳩山・小沢献金問題での紛糾、ずれ込み必至ですので、
この辺りも、注意が必要です。

で、誰がその竣工を証明するかというと、
それは、設計者なり、施工者なり、そうですと言えばいい。
・・・・・、う~ん、それでいいんだそうです。

さてその新築の場合は、性能表示制度・断熱等級4の
基準に、合致する必要があります。
来週から建て方工事に入るため、
床、壁、天井及びサッシ、日射遮蔽措置をチェック。
追加工事に絡む部分は、見積依頼と
エコポイント対象住宅証明書の取得に向けて、
作業をしながら、バタバタしております。
(その2へ続く)

兎に角、最新情報は、国土交通省のこちら、
住宅版エコポイント制度の概要についてを参照ください。
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000017.html

画像


人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック