相棒のCinema HD display 23"が故障のトホホ。

画像

アトリエの業務機をiMac2011にリプレースし、
これまでのPowerBookG4と併用運用。

PowerBookG4のマルチモニターとして
3年間使用しておりましたCinema HD display 23"を
長い相棒と別れを告げさせて、iMac2011に接続。

これまでの15"+23"=38"から、
27"+23"=50"の30%増量の作業空間へ移行・・・、
のはずが・・・、ン?!
Cinema HD display 23"が真っ暗!!

さては、Thunderbolt特有の問題発生か?
と思い、いろいろと試して見るも暗闇が広がるばかり。

う~ん、これはと思い、
元の相棒のPowerBookG4に接続してみると・・・、
やや、こちらも真っ暗…>_<…

無理矢理別れさせ、新しいイケメンとの結婚を拒否、
さらに、元イクメンとのよりを戻すのも拒否。
新しいMacの購入を検討すると、
現有機の調子が悪くなるという都市伝説。
こういうMac擬人化現象というのが、ままあるのでが、
まさか、モニターで起ころうとは・・・。

AppleCareに入っていたものの、
今年の2月で期限切れ・・・(@ ̄Д ̄@;)
アップルサポートとやりとりして、
今回は、正規サービスセンターの方が良いということで、
Cinema HD display 23"を送り出す。
ところが、ここではモニター修理はできないとのこと!?
その理由は、特にモニターに関しては、
内部部品情報と代替品がアップルから出されていないとのこと。
なんなんだ、アップルサポートは・・・。

画像


現在、15"+23"=38"から27"シングルモニターと
作業環境が縮小の中で、業務中。
まだまだ、活躍してもらわないと困るCinema HD display 23"ですが、
修理代には、¥57,760-は痛いし、
基板だったりすると、さらに修理費はかさむし、
さりとて、早く状況を改善したいし・・・。

家人からも、3年足らずで¥10万近い機器が壊れちゃうの??
と責められるし・・・、はい、私もそう思います。。。
悩みながら、しばらく現有体制で業務遂行中・・・・・トホホ。

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック