富士物語2011建て方編-大型トラス梁。

画像

再生丸太梁が横たわる広間・食堂は、
広間の方が寄せ棟の折り上げ天井。
建具により仕切ることのできる食堂と併せると、
その広さは、25畳の大空間。

屋根形状は、以前の住まいと同じ入母屋造り。
平天井と折り上げ天井、
そして入母屋屋根を構造的に成り立たせるために、
ホワイトウッド集成材410(89mm×235mm)を軸材とする
8200mmスパンの山形トラスを設計。
それに架かる隅タル木も8000mmの米松集成材。
画像


豪快な構造体は、建て方時にしか見ることができませんが、
完成後には、一切表に出ないで、
ひっそりと屋根裏で、空間を支えてくれます。

在来工法と比べて、2×4工法の構造体が、
日も目を見るのは、建て方時の一瞬ですが、
合理的な力の伝わり方は、圧巻です。
画像


人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック