TANITA ZiGとモイスTMの組み合わせ。

画像

豊田物語は、建て方終了。
ガルバリウム鋼板と防火サイディングの
ツートンによる組み合わせが、
二世帯の外観を構成しています。

ガルバリウム鋼板の外壁には、
タニタハウジングウェアのZiGを採用。
http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid87.html
これまでになかったプリーツ状のフォルムが、
独特の深みを産み出します。
画像

そのガルバリウムの外壁、下地処理には工夫が必要で、
防火上、構造用合板のままでは不可となるため、
さらに石膏ボードを張り増ししなければなりません。
今回は、その手間を省くために、
不燃材料でありながら、構造用耐力もあり、
さらに、湿気に強くリサイクル性のある
三菱マテリアル建材のモイスTMを
構造用面材とすることで、そのまま通気層を介して、
ガルバリウム鋼板を張ることができます。
http://www.mmkz.co.jp/products/moiss_moisstm.html
画像

これは、昨年の八丈島のビフォーアフターで、
内装材として使用してから、考えていた仕様です。
http://atelier-m-architects.at.webry.info/201208/article_2.html

建て方時に見える構造用合板ではない、白い面材。
この部分が、ガルバリウム鋼板の外壁となる部分。

パネル化をするに当たっても、初めての試み。
パネル工場でも、パネル化、搬入方式に気を使いながら、
上手く処理して、建て方がおこなわれました。
画像


人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック