iOS9にはiTunes12・OSX10.7.5以降が必須・・・の落とし穴。

画像

iPhone6の私は6Sはスルー。
革新的な3D Touchは普段の作業が格段に便利になり、
非常に魅力的なのですが。。。

さて、iOS9が発表されて、
いつもなら、まず色々な不具合がないかを確認してから、
という手順を経ますが、
今回は、特にそういう情報もなかったので、
つい、iPhone6経由でアップデート。
これが、そもそもの間違いの始まり。。。
良く考えたら、iTunes経由での知らせがなかった。

さて、無事にアップデートが終わり、
メイン機に繋いでみると・・・!!

このiPhoneを接続するには、
最新のiTunes12が必要とのアラートが。。。
じゃ、iTunes12をDLしようと思ったら、
OS Xバージョン10.7.5以降が必要...あっLion

私のメイン機は、OS Xバージョン10.6/Snow Leopard
だ、だめじゃん・・・
メイン機は、CADやらなにやら、10.6から上げたくない。
移動アトリエのMacBookAirは、もともとが10.7なので、
そちらで、iOS8をダウンロードして、ダウングレード。
ただ、こちらではiPhnoe5までしか繋げなかったので、
2年前に逆戻りしたiPhone5名のiPhone6・苦笑

まぁiOS8に戻したので、これでメイン機に繋げれば、
iTunes11で認識可能となりましたが・・・、
繋げると、自動バックアップを開始して、
それが最新バックアップとなってしまい、
それ以前が出てこない。。。

ライブラリ>Application Support>MobileSync>Backup
に、バックアップデータがあるのですが、
これが上書きされている。。。
画像

ということで、困ったときのタイムカプセル。
間違ったiPhone5最新同期より前に戻り、
バックアップデータを復元して、
無事、4時間前のiPhone6に、すべてが戻りました。

ちなみに、OS X10.6とiTunes11では、
controlキー+バックアップで、
過去のバージョン選択はできないので、
やはりタイムマシンがなければ、お手上げでした。。。
画像

基本データから50超アプリの数々、
もちろんアップルのKeynote,Numbers.Pages、
仕事関係の電話番号、履歴、メッセージ、Line、メール、などなど.....
締めて40GBほど。。。
電話でどこにも連絡できず、仕事関係の内容チェックまで、
出張先でおこなっていた様々な作業が、
iPhoneで、何もできなくなるところでした。。。
恐ろしいことです。

データのバックアップからの復元に1.5時間、
その復元データからiPhone6復元に2時間。。。
仕事をしながらとはいえ、ヒヤヒヤの時間、
肝を冷やしたバージョンアップ・ダウンでした。
旧OSで運用している方は、くれぐれもご注意を。。。

すべて、こちらの情報のお陰です。
携帯総合研究所 『iOS 9からiOS 8に戻す方法』
http://mobilelaby.com/blog-entry-how-to-return-to-ios-9-to-ios-8.html
すでにApple Developer Programからリンクが消えているそうですが、
ダウンロードリンクはまだ生きているとのこと。
ただ、これもいずれは旧iOSのリンクが削除されるかも知れないので、
要注意ですね。

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック