2019特別講義『雨のみちをデザインする』

IMG_0585.jpg
10/4の専門学校の授業は、
毎年恒例の外部講師を招いての特別授業。
いつも仕事でお世話になっております、
タニタハウジングウェア・谷田社長による講義です。
『雨のみちをデザインする』
http://www.tanita-hw.co.jp/

いつもお忙しい合間を縫って、
静岡に来ていただいております。
どうも、ありがとうございます。
IMG_0582.jpg

・雨のみちデザイン・ウェブマガジン
建築家の様々な『雨のみち』試みをインタビューと共に読み解きます。
http://amenomichi.com/

・谷田社長のブログ
全国で活動されている谷田氏が垣間見られます。
http://amenomichi.exblog.jp/

IMG_0591.jpg
IMG_0583.jpg

<専門学校・業務連絡>
本日の谷田社長の講義を受講して、
雨や樋、住まいについて考えたこと感じたことを
IDと共に、コメントして下さい。

参考までに、以下は私の設計した住まいの解説ページリンクと
そこで使用したタニタハウジングウェアの樋と建物デザイン。
それぞれの住まいにとって機能上かつデザイン上、
密接な関係のある、必要な選択となっています。
それぞれに、使用した樋製品へのリンクが張ってあります。

・多摩区・生田/小田急沿線の家。
ここでの樋は、外観のボーダーに見えるような
モールガーターと呼ばれる3段ラインの薄型樋。
http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid44.html
画像


・静岡・国吉田/静岡市内を一望する家。
https://atelier-m-architects.at.webry.info/201801/article_6.html
大屋根の排水と質感を考えたステンレス樋・レクステン
http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid33.html
画像


・熱海・下多賀の桜と海を愛でる家。
https://atelier-m-architects.at.webry.info/201801/article_3.html
10mのソメイヨシノ・八重桜の枝の下に入り込む屋根には
落ち葉対策にもってこいのすとっ葉°ーというカバーつき樋。
http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid43.html
画像


・静岡・大谷/相模湾を望む家。
https://atelier-m-architects.at.webry.info/201712/article_11.html
山からの落ち葉対策と共に、
ここでは、すとっ葉°ーを屋根の先端に見立てて
屋根と一体に扱い、樋の存在を消そうという試み。
http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid43.html
画像


・富士・吉原の家。
https://atelier-m-architects.at.webry.info/201712/article_7.html
深い軒先の先端をすとっ葉°ーで押さえ、
大きな入母屋屋根の大らかさを表現。
http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid43.html
画像


・静岡・国吉田の家2。
https://atelier-m-architects.at.webry.info/201712/article_8.html
・静岡・池田山の家。
https://atelier-m-architects.at.webry.info/201712/article_9.html
切り妻のシンプルな屋根に合ったシンプルな半丸樋。
http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid37.html
画像


・静岡・豊田の家。
https://atelier-m-architects.at.webry.info/201712/article_6.html
特徴的な軒裏の米松押し縁の軒先押さえを兼ねた箱型樋。
http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid38.html
画像


・広島/呉・大之木ダイモモデルハウス・木香(このか)の家。
https://atelier-m-architects.at.webry.info/201712/article_10.html
シンボルツリーのために屋根に空いた開口部から「ensui」(鎖樋)
http://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid96.html
7579164060747973179.jpg" target="_blank">画像


雨樋・すとっ葉°ーの雨水流入実験装置

https://www.youtube.com/watch?v=IMDiFdBF3Gw&feature=youtu.be

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

I
2019年10月04日 20:16
家を建てるとして、雨樋がその建物の一つとして成り立っている事の重要さ、意匠設計としてどう組み込んでいくかによって建物自体の見え方が変わってくるということがわかりました。木の葉を避けるための雨樋や付け目を見せないための設計をされた樋など、雨一つに限らず、様々な用途からデザインされていることに強いこだわりを感じました。こういったこだわり方が建築を学ぶ上で必要なことだと思いました。
K
2019年10月05日 21:42
建築物のみの外見だけを見るのではなく、建築物が建ってそのまわりにある設備までのデザイン性を見る必要があるのだと気付かされました。建築物にある設備を通して周囲にあるものをどうデザインするかが今後課題になります。
Z
2019年10月05日 21:48
普段の生活で何気なく通り過ぎてしまう、雨樋。生活していく上で雨樋は人が快適に過ごす為、そして、デザイン性に優れていると思いました。
雨の立場になって物を考えている工夫性、雨樋に水だけを流し落ち葉などはそのまま落とす仕組みの雨樋は非常に驚かされました。
雨樋を建物の一部に取り入れデザインをしていて自分雨樋にはこだわって家を造りたいと思いました。
X
2019年10月05日 21:58
講義が始まる前「雨樋」のイメージはただ雨の日に屋根から流れてきた雨水を一定の場所に排水するというもので普段も全くと言っていいほど気にして見るということはありませんでした。しかし、講義を受けて「雨樋」というものは、雨水をただ通すだけでなく私たちが建築物を利用する上で出入口の軒先から水が流れて濡れないように守ってくれてる等と学習をして、これから建物を設計していく上で「雨樋」が通る場所をしっかりと考えて行かなければならないと思いました。
Q
2019年10月05日 22:04
今回の授業でお話を聞かせて頂くまで、正直に雨樋の事を考えた事がありませんでした。雨樋にも素材の種類や形などの様々な工夫がある事を知りました。また、雨樋などの細かいところまでこだわる事でより良い家造りが出来るんだと感じました。
T
2019年10月05日 22:12
今まで、学校に来る中や出かけてる時に家や建築物を見ることはよくありましたが、雨樋までしっかりと見ることは無く自分の家のものでさえどんな形なのかも知らずに過ごしてきました。今回の講義を聞かせて頂き、雨樋の位置や形だけで建物の印象までかえる
T
2019年10月05日 22:15
今まで、学校に来る中や出かけてる時に家や建築物を見ることはよくありましたが、雨樋までしっかりと見ることは無く自分の家のものでさえどんな形なのかも知らずに過ごしてきました。今回の講義を聞かせて頂き、雨樋の位置や形だけで建物の印象までかえるということに気付かされました。それに、雨樋の本当の使われ方にも驚きでした。とても貴重な体験をさせて頂きありがとうございます。
P
2019年10月05日 22:22
今まで雨どいは雨を流すためだけに取り付けてあると思っていたが話を聞いてただ取り付けるのではなく家の装飾の一つとして性能などにもこだわりながら取り付けられていることがわかった。
2019年10月05日 22:30
今まで雨どいは雨を流すためだけに取り付けられていると思っていたが話を聞いてただ取り付けるのではなく家の装飾の一つとして、性能などにも拘って取り付けられていることが分かった。また全部の家が同じ雨どいを使うのではなくその家によって雨どいを使い分けている事を初めて知ったのですごい勉強になりました。これからはいろんな家の雨どいを見てみたいとおもいます。
J2
2019年10月05日 22:34
"普段何気なく通り過ぎる程度の存在"と言うよりかは"わざわざ気にしてまで見る必要性を感じない存在"と思っており、私は"雨樋"というものを深く考えたことはありません。今回聴いたお話を通して、一言に"雨樋"と言っても授業中に見ただけでもたくさんの種類の雨樋がある事に私は驚きました。'1種類じゃないにせよ3~4種類ぐらいだろうな''丸みを帯びたのしかないだろう'と思ってたので、私は本当に今まで"雨樋"に関心が無いのだと改めて思いました。たかが雨樋されど雨樋、住宅に合わせたデザインを持っているだけでなく、雨を集約したり人から守るだけでなく落ち葉がたまらないようにする機能まで備えたものもある今の時代の"雨樋"。これからもっと時代が変わりさらに進化した"雨樋"がいつか現れるのではと想像したら少しだけいつもは気にしないただの"雨樋"に着目しようと思いました。
V
2019年10月05日 22:34
僕は今まで雨樋を気にしたことがありませんでした。ですが今回の授業を聞いて建築に置いて雨樋が雨の水を貯めるのに役立っていたり、隣の家に水がかからないよう工夫されていたりと、とても重要な役割を果たしていることがわかりました。素材や形を工夫していたりととても面白いと感じました。
H
2019年10月05日 22:43
雨樋も建物と同じで機能もデザインも日々良いものになっていると感じた1時間半でした。普段これといって意識してないものだったので、今回の話を聞くことで関心を持つことができました。
D2
2019年10月05日 23:04
今まであまり雨樋を気にしたことがありませんでした。けど今回の講義を聞いて、雨樋に興味を持ちました。
特に、雪の降るところの雨樋だと雪や落ち葉などが入らないようにして、けど雪が溶けた水などはしっかり雨樋に行くという構造を聞いた時やその実物を見たときは感動を覚えました。
M
2019年10月05日 23:41
正直、今回のお話を聞くまで雨樋について深く考えたことはありませんでした。雨樋はただ雨水を通すだけだと思っていましたが、人が快適に過ごすためであったりまた、デザイン性も豊かで建物と雨樋の一体感がとても大切だということがわかりました。最後に見せてくださった装置もとても見入ってしまいました。今後様々な建物の雨樋を見てみたいと思います!
R
2019年10月05日 23:43
雨樋を雨樋と思わせないデザインが色々あること、雨樋というものが鎌倉時代からあることに驚きました。
昔からあるものを今現在の文化に合わせて素材や形が改良されたり継ぎ目が見えなくなったりと、昔と違い雨樋も家のデザインに関わるため、どんな雨樋があるのか普段から意識していきたいと思いました。
R
2019年10月05日 23:44
すみません。
鎌倉時代ではなく奈良時代した
G2
2019年10月06日 00:20
今回の講義を聞き、雨樋のデザイン性や工夫などを知ってこだわりを感じました。落ち葉を入らないように工夫されている雨樋を実際に見て非常に興味を持ちました。今後も建築物の雨樋をたくさん見ていきたいと思います・
F2
2019年10月06日 00:28
僕は今まで外観を見た時に、雨樋までは見ていなかったのですが今回の授業を聞いて、雨樋に興味が湧きました。特に最近の雨樋はデザイン性が高く外観を損ねない感じになっているところには驚きました。これからは雨樋にも注目して見ていくようにしたいと思いました。
U
2019年10月06日 02:53
雨樋が奈良時代からあることに驚きました!
また、雨樋でもデザイン性や用途を求めてさまざまなな形があることを初めてしれてとてもよかったです
B2
2019年10月06日 10:14
今回の授業を聞いて雨樋は奈良時代からあったことに驚きでした。雨樋は雨水を貯めるのに役立っていたり落ち葉が入らないようにするなどといった工夫がされていることにとても興味を持ちました。とても貴重なことを聞けてすごく勉強になりました。
N
2019年10月06日 11:56
雨樋のデザインによって家の印象がすごく変わることに驚きました。授業の日から通る道にある家の雨樋をよくみるようになり、普段目がいかない場所でも重要なことに気がつきました。いろいろな種類の雨樋をみてもっと詳しく雨樋について知りたいと思いました。
C
2019年10月06日 15:12
雨樋は普段あまり意識していなかったので建物の外観を見ても見逃してしまっていました。今回谷田社長の講義を聴いて見方が少し変わりました。講義後の帰り道いろいろな建物を意識してみてみると雨樋があることによって外観が少し崩れてしまっている建物が多かったです。しかし谷田ハウジングウェアさんの雨樋は、「雨の道をデザインする」とあるようにそれぞれの建物にあったオシャレなデザインのものが多く、あえて水の流れるところを見せたり、ひと目見ただけでは雨樋か分からないようなデザインになっているなど建物の外観を崩さないようになっていると感じました。普段はあまり目立たない雨樋ひとつをこだわる事でより良い建築ができると講義を聴いて思いました。
E2
2019年10月06日 15:33
今まで雨樋は屋根に降った水を流すだけの働きだということは知っていましたがデザインや機能のことに関しては特に考えていませんでした。
ですが今回の講義を聞いて変に雨樋をつけるとデザイン性が失われてしまうことや雨樋の蓋を開け水を貯めることができるもの、近くに木が生えている家では落ち葉が詰まるので落ち葉などのゴミは外に出し水だけを流す雨樋などがあることを知ることができとても勉強になりました。
F
2019年10月06日 20:28
今回の話を聞くまでは、雨樋はただ雨を一箇所に集めるだけで、正直地味に思っていましたが、話を聞いた後は今の雨樋のことを知れて良かったなと思います。
話の内容では、雨樋が奈良時代から作られていることを知り、今の雨樋はデザイン性に加え機能性をプラスしていることが分かりました。雨樋は建築物では脇役みたいなものだと思っていましたが、写真を何枚か見せてもらい雨樋の設置のしかたなど工夫することで、雨樋がメインになる空間を作っていることも知れました。今後雨樋を見る時は今回の話を思い出し、雨の日をもっと楽しみにしていきたいと思います。
Y
2019年10月06日 20:38
雨樋についての講義ありがとうございます
今まで僕は、建築の勉強をしてて雨樋のことについては、正直あまり関心は、ありませんでした。しかし今回雨樋のデザイン性や楽しみ方を知って他の家などは、どのような雨樋になっているのか気になるようになりました。そして(すとっ葉゚ー)の葉と水を分ける仕組みやネーミングセンスに関心しました。
S
2019年10月06日 21:05
これまで雨樋について全く関心がなくどれも同じようなデザインをしていると勝手に思い込んでいましたが、今回雨樋について学習して様々な工夫やデザインがあることに驚きました。
D
2019年10月06日 21:35
一定に地域に居を構えて定住をしようとする際に、避けることのできない雨という天候に対する策である雨樋について、これまで意識をして生活をしてはきませんでした。
今回のお話でその歴史を知り、雨樋について考えることができ、その重要性について気づかされました。
用途が限定的でありながら決して建物から取り除くことができない雨樋を、機能性を損なわずにデザイン性を高める姿勢と、雨のみちをデザインするという雨と建物と生活を広く捉えた谷田社長のお言葉は、建築の道を志す私にとって建築を違った面から考えさせてくれる貴重なものになりました。
W
2019年10月07日 00:08
今まで雨について深く考えたことがありませんでしたが谷田社長さんの話を聞き雨の大切さやなど知ることができました。僕は今まで雨が嫌いだったのですが「見せる雨」と言う言葉を聞き自然の雨を活かす素晴らしさと言うものも知ることができました。
I2
2019年10月07日 09:32
雨樋にもただ水の通り道を確保くるだけでなく、外観が悪くならいようなデザインの雨樋があって面白いなと感じた
E
2019年10月12日 11:09
雨樋の面白さを知ることができました。今まで雨樋のことは設備のただの一部としてみていましたが、講義をうけて雨樋のデザイン性で住宅の見た目の印象が変わることや雨樋の工夫を知ることができました。