ポツンと一軒家・大改造!! 劇的ビフォーアフター番外編3妻壁再生

DSC01397.jpeg

今回の予算での古民家リフォームでは、
躯体補強とその内部と一部外部に限られました。
そのため、トタン屋根は触らずにおります。
ここは、ご家族がご自身の手で塗装を
考えておられるそうで、それもまた逞しい。。。

平屋の古民家でしたが、
大きな妻壁があったのを
皆さんはお気づきでしたでしょうか?

実はこの壁が平屋建ての躯体の外周部で、
その廻りに縁側の下屋屋根が取り巻いていて、
入母屋のような外観となっています。
その西側妻壁は、強い西日と風雨にさらされて、
さらに腐食が激しいために、再生しております。

DSC00547.jpeg

この再生に使用した板材も、佐藤家のストック材。
板材の製材で出た端材を、
もらってストックしていたそうですが、
小屋の端で、その存在は忘れられていました。。。

DSC00678.jpeg

杉板材厚9×600×600から350×450など約70枚。
この保管方法がまた優れていて、
一枚一枚に桟木を挟んで積んでありましたので、
腐ることもなく、反ることも、割れることもなく
良い状態で保管されておりました。

それを既存の妻壁の板材を補修の上に
アスファルトルーフィングを張って防水、
その上から、その杉板材をランダムに張る方法の
シェイク張りで張っております。

image0.jpeg

この辺りのランダム度合いは、
監督さん、大工さんとLINEでやり取りしながら、
良い雰囲気に仕上げていただきました。

この古民家を訪れる方々を出迎えるのは、
母屋でまず目に飛び込んでくる、
この杉シェイクの妻壁となります。

DSC01310.jpeg

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント