ルバーブジャムをつくる

ETFO5377.jpeg
東京の一色建築設計事務所時代に設計を担当した住まい。
私の学生時代に住んでいたアパートと同じ駅ということで、
何だか運命的な住まい手との出会いでした。

ORZL8224.jpeg
その後もご家族とのお付き合いが続いて、
何かと東京出張のおりに泊めて頂いておりました。
それから22年を経て、静岡で独立した私に
リフォームをお願いしたいという設計者冥利に尽きる依頼を受けました。
https://atelier-m-architects.at.webry.info/201706/article_1.html

XXDZ8257.jpeg
先日はメンテナンスと共に東京出張で、またも宿泊。
奥様の美味しい手料理と共にご夫婦と
懐かしい話に楽しい刻を過ごすことができました。

IMG_5404.jpeg
そして、翌日の朝食のおりに出てきました、見慣れないジャム。
見た目は・・・でしたが、まぁ食べてみてと言われて
パンに塗って食べてみると。。。
これが何とも優しい味で、少し酸味があり美味しい!!

これは何のジャムですか?と聞くとルバーブジャムですよ。
ルバーブ???それ、どんなものですか???
一見、フキのようですが
特有の香りと酸味があり、加熱すると短時間で溶けるため
ジャムやお菓子作りに使われるとのこと。

IMG_5479.jpeg
その週末に朝霧高原に立ち寄る機会があり、
その道の駅で、ルバーブを発見。
これは、私のジャムを作れというお達しか・苦笑。
早々に購入して、ルバーブジャムに挑戦しました。

分量は、ルバーブ1kgに対して、
砂糖300g(甘さ抑えめの分量、甘めが好きな方は500g)、
レモンを少々と、これだけ。
※塩とありますが、レモンの方にしますが、お好みです。
以下は、3〜40分で完成しますので、お手軽ですし、
作り方は至って簡単、美味しいルバーブジャムはいかがでしょうか?

1. ルバーブを洗って1〜3cmにカットする。
IMG_5531.jpeg

2. 分量の砂糖半分を入れて全体にまぶします。
IMG_5533.jpeg

3. 鍋に入れて、弱火で焦げないようにかき混ぜる
※たえずかき混ぜます。
IMG_5535.jpeg

4. 15分位するとルバーブの水分と砂糖でとろみが出てきます。
5. 20分位すると一気にトロトロとなってきます。
IMG_5537.jpeg

6. 残り半分の砂糖を入れてかき混ぜるとできあがり。
IMG_5539.jpeg

7. 最後にレモンを少々入れます
※これは、色の変化を抑える役割ですので少しで大丈夫です。
このゴールデンウィークにいかがでしょうか?
IMG_5542.jpeg

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント