iPhone5のバッテリー持ちが悪い原因はLTE?!

薄く、軽く、速くなったiPhone5。
にも関わらず、バッテリー持ちは、
3Gデータ通信 :6時間→8時間、
WiFiデータ通信:9時間→10時間、
連続待受:200時間→225時間、
と、iPhone4Sから延びたということでしたが...

昨日は、名古屋物語2011の地鎮祭で名古屋へ。
初めてのiPhone5のお供は、
補助チャージャー無しで出掛けましたが・・・。
画像

12時に静岡の自宅を出て、新幹線で名古屋へ。
新幹線内では、Facebookとネットサーフィン、
それに、音楽を聴く程度。
1時間後に、名古屋に到着。
車内で、お弁当を食べたので、
ずっとという訳ではありません。
この時点で、80%。

名古屋駅から、現地までは地下鉄で20分ほど。
地下鉄線は、駅ごとにWiFiが完備されたようで、
駅ホームに入ると、頻繁にWiFiを捉えて
ログインを繰り返します。
画像

その後は、地鎮祭で、写真を撮った程度。
地鎮祭終了後、Facebookへアップして、
再び地下鉄で同じ状況を経て名古屋駅へ。
この時点で、5時間を経過したところ、
ふとバッテリーを見ると26%・・・えっ?!
名古屋駅からの地下鉄では、音楽も聴いてないし、
ネットへも、走行中は圏外なので、
オフライン記事を読む程度でした。

名古屋駅で、コーヒーを飲みながら時間調整も、
ドンドン減っていきます・苦笑。
帰りの新幹線では、本を読んで消耗を控え、
ちょっと・・・10分程度ネットサーフィン。

静岡に着いたときには、8%となり、
迎えの時間をメールして、Facebookにアップして、
東静岡駅に着いた段階で、残り1%・・・。
この時点で、18:40で、6時間40分経過。
画像

う~ん、iPhone4Sより持たないぞ。。。
考えられるのは・・・・・、
LTEではないかと思います。
それぞれの移動途中では、3GとLTEが頻繁に入れ替わり、
それを、拾い続けているからではないでしょうか。

ちなみに、画面の明るさは20%程度で暗め、
BluetoothはOff、
通知センターは、Passbook、Twitter、Facebook、
電話、メールのみを表示として、
foursquare、Line、リマインダー他の残りはOff状態。
位置情報サービスは、すべてONとこんな感じ。
かなり、抑えめだとは思うのですが。
あとはやはり、位置情報サービスの使用を控えるかなぁ。。。

次回の出張では、LTEをOffにして確認することに。
これは、やはりLightning to USBケーブル、
eneloopとのぞみ型車輌は、手放せないのかなぁ。
皆さんは、どうなんでしょうか??
画像

しかし、3G回線でもiPhone4Sに比べると明らかな早さを感じます。
A6+チューンアップの成果は、4Sには戻りたくない感じですので、
普段は、LTEを切っても大丈夫でしょう。
どかかで落ち着いて、作業するときにLTEをONにして、
さらに、スピードアップというのが、
賢明な使い方かもしれませんね。

<追記>
出張時に、銀座アップルストアにて、
iPhone用ハードウェアテスト(チェックソフト)をおこなってもらう。
ハード的には、問題ないとのことでした。
その後は、もう一度復元を実行しましたが、
これで、かなり改善されております。
夜100%→朝89%というバッテリー減りが、朝98%ぐらいに改善。
以上、ご報告致します。

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

"iPhone5のバッテリー持ちが悪い原因はLTE?!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント